ウィッチャー3:トロフィー攻略(星5)


ウィッチャー3 リストアイコン


ウィッチャー3 ワイルドハントのトロフィーについての攻略記事です。

ゲームの紹介は↓の記事で行っているので併せてご覧ください。
ウィッチャー3:ゲーム紹介




☆事前情報まとめ☆
筆者のプレイ環境:PS4 pro、アップデートver1.62
難易度:☆5/10(DLCすべて込み)
スキル:低級
作業:極少量
時間:150時間(詰めれば大分早まる)
時限あり(多め)
オン:なし










それでは以下よりトロフィー攻略を開始します。ネタバレ配慮なしなので注意。

今作では時限攻略チャートを最初に記載しています。

取得の説明が簡単なトロフィーに関してはまとめて記載しています。




時限攻略チャート「本編(デスマーチ)」

・難易度「デスマーチ」で時限押さえながら本編進行した際のまとめ
→上から順の進行。順不同の場合もあるが変更による影響は不明
→なおデスマーチでは取得経験値がなんの説明もなく20%カットされる。1周でのコンプを狙う場合、時限を押さえつつ手早くクリアするのが望ましい
→デスマーチクリア時のレベルは低くなってしまうが、DLC「無情なる心」が調整用のコンテンツとなっているため、難易度を下げればあっという間にLv35前後まで追いつく
・現在では時限カードのほとんどに救済がある。救済回収は対戦不要
→グウェント系のサイドクエの時限カードは、対象が死亡などで離脱後、目標に対戦相手が追加されていれば救済地点に配置される。目標も更新される
→少ないながら救済が一切ないカードも存在するので注意
・載せているのはあくまでトロフィーの時限のみ。トロフィーに関係ない時限サイドクエストなども存在する

☆ホワイトオーチャード
※チュートリアルのケィア・モルヘンで『人間離れした技』が楽に狙える
・時限『カードコンプ』:※救済あり。宿屋で買えるカード4種。救済:宿屋外の商人
・時限『カードコンプ』:※救済あり。グウェントチュートリアルの学者。救済:首吊りの木
・時限『南斗聖拳』:ノーダメで殴り合い勝利。序盤の3人と殴り合う場面で狙える。アクスィーで1人無力化すると楽。1人目をノーダメで倒した時点で取得。直前セーブ→ロードで成功時取得確認
※薬草医のところで買い物ができるようになった時点でバグ金策が可能。詳しくは検索。グールはLv1でも駐屯地で武具一時強化を適用し、常時クエンを切らさなければ楽勝
→現時点では最大売値49にしかならないが、充分な資金源となるだろう
→少し進めてすぐにノヴィグラドへ行き、分解してから売ると「178+9-49=138」と一気に跳ね上がる。稼いでおけば当面お金には困らないだろう。5日瞑想で店の持ち金は一定量回復する
→中盤ぐらいから金は余り始める。120程度稼いだ感想としては、現時点使用分20ほど、貯金50の計70もあれば十分だと思う
・時限『依頼コンプ』:「依頼:井戸の悪魔」はエンディングでホワイトオーチャードへ戻ってきた時に失敗となる。早めに終わらせておくように
→その他の依頼に関しては放置で問題ない。逆に推奨レベルが低いものは『ハンデなし』のために置いておくと楽ができる

☆ヴェレン
・時限『都合の良い友』:「魔女狩り」進行でキーラと合流。そのまま進めると時限サイドクエ「魔法のランプ」発生
※メインクエのボス、ゴーレムはイャーデン使って後ろ周って強攻撃
→この時点で最後まで進行可。このトロフィーは最後のクエストをクリアすると取得できる
→ただし最後の選択肢でキーラをケィア・モルヘンへ向かわせることが時限トロフィー『総員集合』の条件の1つとなっているため、必ず「ケィア・モルヘンへ行け」を選ぶように。会話直前でオートセーブが入る
・時限『カードコンプ』:※救済あり。血まみれ男爵。救済:男爵の部屋
※「レース:クロウパーチ」が時限の可能性あり。最低でもクロウパーチの掲示板からビラを取ってクエスト発生させるのを忘れずに

☆ノヴィグラド
※時限カードのほとんどがこの時期のノヴィグラドに集中している。慎重に進める事
※サイドクエスト「手がかりを追って」が発生した場合、下記グウェント項目に到達するまでスルーしておくように
・『ケィア・モルヘン育ち』:カウンター連続10回。時限ではないが「君に届け」中のローザとの稽古で楽々狙える
※「ルーヴェン伯爵の宝」進行終盤、トロ的に非常に重要な時限サイドクエ「生死に関わる問題」が自動発生する。この時点では発生のお知らせが入ったと考えるぐらいで良い。本格的な進行は隠れ処に戻ったトリスに話しかけ「話を聞こう」を選んでから
→このサイドクエは救済なしのカードの僅かな入手挑戦期間を含んでいる。対戦相手も強いため、時限ギリギリまで粘り、デッキの強化を最高まで行ってからやった方が無難。私がこなしたタイミングは下に載せている
・時限関係:「ジュニアを探せ」進行で時限サイドクエ「目には目を」が発生する。このサイドクエをヴェスを死亡させずにクリアすることが時限トロフィー『総員集合』の条件の1つとなっている
→デスマーチだと到達時点でのクリアは少々厳しいかもしれない。猶予は下記「霧の島」までなので、少々後に回すのもあり
→また、クリア自体も時限トロフィー『王の暗殺者』の条件の1つとなっている。非常に重要なサイドクエスト
・時限『王の暗殺者』:「ジュニアを探せ」完了後、時限サイドクエ「レダニアで一番のお尋ね者」が発生する。これのクリアが条件の1つとなっている
・時限『カードコンプ』:※救済あり。「追い詰められた詩人」クリア後、ノヴィグラド倉庫店前で時限サイドクエ「危険なゲーム」が発生する
→救済はメインクエ「大脱走」の牢屋の鍵を持つ看守。超終盤なのでデッキ強化選択肢を増やすためにも早めの消化推奨

☆スケリッジ
・時限『カードコンプ』:スケリッジ上陸時点でサイドクエ「ショック療法」がクリア可能
→場所は島マップ右の方。十字路から延々右へ進むと付く。ゲディニース近く
→なお、速攻でやるとドクロマークが付くが、戦闘は一切ない
・時限『キングメーカー』:「王制よ永遠なれ」完了後、時限サイドクエ「憑依」「アンドヴィクの主」が発生
→双方クリアで「王の一手」が発生。セリスかヤルマールを支援してクリアすると「戴冠式」が発生。クリアでトロフィー解除
→また、新王にどちらかがなっていることが、時限トロフィー『総員集合』の条件の1つである

☆グウェント(他の時限トロフィーについても記載あり)
※このタイミングで時限含めたほぼすべてのカード回収を行う
→時限NPCのほとんどが存在し、サイドクエの僅かな期間しか居ないNPCも狙えるため
※収集率が分かる便利アイテム「奇跡のグウェント指南書」は取り逃した場合、ノヴィグラドで買える。マップ上「聖グレゴリー橋」の右下の商人
・まずは各地のカードを売っている商人をすべて回り、手持ちを潤沢にする
→ダブりもすべて買うこと。2枚以上持つことで意味があるカードも多い。そもそも無制限に手に入るカードは存在しない
・「グウェント:ヴェレンのプレイヤー」:ミッドコプス掲示板でビラを取り、男爵のカードを回収。その後オレトンの男に勝利し、ハディの情報を入手。ハディに勝利すると北方諸国のヒーローカード【ヴァーノン・ロッシュ】が手に入る。残りは後回しでも良い
・「グウェント:大都市のプレイヤー」:掲示板でビラを取り、ヴィム、公爵夫人に勝利。次のディクストラに勝利すると北方諸国のヒーローカード【エステラド・シッセン】が手に入る
→次の対戦相手にも勝利し、強力なニュートラルのヒーローカード【シリラ】を手に入れよう
→ちなみにディクストラとの対戦は時限だが、救済でカードは確実に手に入る。ただし上記の通り今潰しておくメリットの方が遥かにデカい
・「グウェント:宿屋の主人との対戦」:最初の相手ステファンに勝利し、ニュートラルのヒーローカード【ヴェンガーバーグのイェネファー】を入手する。残りは後回しで良い
・次は無名NPCから【フィリパ・エイルハート】【攻城塔】【ヴィレントレテンメル】を入手する。ランダムなので根気が必要
→【フィリパ・エイルハート】は北方諸国、戦力10のヒーローカード
→【攻城塔】は戦力6の攻城ユニット。北方諸国は攻城デッキなので頭数になる
→【ヴィレントレテンメル】は敵近接ラインの合計戦力が10以上の場合、敵近接ラインで最大戦力を持つユニットを破壊する効果を持つ近接ユニット。対象が複数の場合、すべて破壊する。冬将軍やおとりとのシナジーは絶大。戦力も7と高く、ランダム排出が信じられないほど強力なカード
→敵デッキ対策用に【冬将軍】【濃霧】も回収しておくと尚良し
→ちなみに現時点ですべて回収可能。最後の方は鍛冶屋から排出されなかったりしたが、グウェント選択肢にカードマークの付いている商人から回収できた
・ヴィジマ王城、中庭のニルフガードの貴族に勝利し【フォルテスト 攻城の名手】を入手する(選択肢を増やすため。不要なら後回しでも良い)
※この時点で北方諸国のデッキはほぼ完成しており、負けることが珍しいぐらいにはなってくる。しかしグウェントにおいてアドバンテージの塊である最強カード「謎のエルフ」(遊戯王でいう強欲な壺そのまま。基本ドローのないグウェントでは引いたら勝ちと思えるほど極悪な強さ)が欲しい場合はもうひと踏ん張り必要
→まずはスケリッジの掲示板からビラを取り「グウェント:スケリッジスタイル」を受注。最初の対戦相手はエルミオンだが、まずはメインクエ「過去の残響」をクリアする必要がある
→クリア後、エルミオンに勝利し、次の対戦相手の情報を得る。イェネファーと一緒に行かなければ歩いているエルミオンに話しかけることで即座に対戦可能
→グレミストの情報を得たら現地へ向かう。しかし対戦するには推奨レベル24のサイドクエ「上級錬金術の実習」を突破する必要がある。デスマーチなのでかなりの難関。今クエストの攻略は個別項目『カードコレクター』を参照
・デッキが完成したら残りの時限カードを回収する。先に書いておくが、ゲラルトの仲間たちは本編クリア後にいなくなるのでここで必ず終わらせておくように
・時限だが救済あり:「グウェント:宿屋の主人との対戦」のオリヴィエ、「グウェント:スケリッジスタイル」のマッドマン・ルゴス。他はここまでに記載済み
・「グウェント:旧友」:ゾルタン、ロッシュ、ランバートに勝利する
→ゾルタン:ノヴィグラド倉庫店内外をうろついている(「危険なゲーム」さえクリアしていればキャバレー状況がどうあれ居る)。勝利するとクエストが発生する
→ロッシュ:テメリア軍ゲリラの隠れ処。勝利するとランバートに加え、ザラーの情報を得る。双方共に対戦する条件となっている。初周コンプを狙う場合、ロッシュは最後まで残す選択も可能
→ランバート:対戦条件を満たしたら大司祭広場の掲示板からビラ「依頼:ビッツの怪物」を取り、サイドクエスト「手がかりを追って」を発生させる。進行中にハモンドと戦うが、戦利品にある【ネッカー】も収集対象なので取り損ねないように。なお、ハモンドは島の右下の祭壇にいるが、先にトロッセイムを解放しているとかすりもしない範囲にマーカーが表示される。自力で向かうこと。ランバートと合流後「カラディンに会いに行こうorカラディンの家の前で落ち合おう」と選択肢が出る。下を選ぶと一旦解散となり、ランバートが歩きだす。この時話しかけることでグウェント対戦が可能。クリア直後も追いかけて話せば会話可能。ランバートは進行がどうあれケィア・モルヘンの戦い以降接触不能となる
・「生死に関わる問題」:※救済なしのカードの僅かな入手期間を含む時限サイドクエスト。念のためデータを分けておくように
→クエスト内容自体は単純なので進めていくだけ。デスマーチでも推奨レベルを大きく上回っているので戦闘も問題ない
→件の時限カードは仮面舞踏会の奥、!マークが出てる場所。ディーラーに話しかけると対戦可能。途中でやめる選択肢があるが、やめると途中再開できないのかは未確認(最初は再開可能なのを確認)
→敵はそこら辺のに比べると強め。ヒーローカードも多数展開してくる。ただし完成したデッキであれば「初期手札が事故り、2枚引き直しも事故った」ぐらい盛大に事故らないとまず負けない
→最後のワイルドハントは冬将軍使っても70以上の戦力出してきた。ただ1ラウンド目を開幕パス、2ラウンド目全力でその程度なので恐れるほどではない
→なお、入手できないままクエストを終えた場合「コレクション・コンプリート」失敗のログが発生する
・「またとない機会」:上記クリア後に発生する時限サイドクエスト
→トリスとの恋愛イベントはトロフィーに関係ない。ケィア・モルヘンの戦いにも必ず参戦する
※このクエストの進行中、ネズミが大量にいる場所がある。先にトリスが降りるまで待つと、トリスに群がる。これを利用すれば『ブラビケンの殺し屋』『達人』『敵の敵』(これは多少稼げてないと無理かも?)が簡単に狙える。セーブを駆使してすべて取得しておこう
・「暗殺計画」:上記クリア後に発生する時限サイドクエスト
→クエスト完了と同時に「グウェント:ザラーとの対決」が発生し、話しかけることで対戦が可能となる。ロッシュに勝利しているのが前提条件。ザラーとコンタクトできる機会はここだけに等しいので、必ずこの場で勝利しておくこと
※直後にセブン・キャッツ・インに飛んだら酒場内にいた。もし条件満たせてなかったら急げば間に合うかもしれない。配置条件などがあるかは不明なので当てにはしないように
→このクエストは、クリア自体も時限トロフィー『王の暗殺者』の条件となっている
・この時点で入手可能なカードをすべて集め、「奇跡のグウェント指南書」を見るとノヴィグラド4のみとなる。これはサイドクエスト「大きな賭け」で入手可能
→「大きな賭け」は時限クエストではないが、クエスト内でグウェントに負けるとカードが入手できず、救済もない。よってカードの方が時限である
→現時点でこなせない理由は、グウェント4戦の途中でレベル27の敵と戦う必要があるため。デスマーチだとまだ無理だろう

☆ケィア・モルヘン
※まず中断していたスケリッジを進行すること
※「最後の試練」クリア直後と「霧の島」発生直後にランバートと通常会話が可能
※酒盛りイベントでカード対戦に勝つことでもランバートの報酬が貰えた(「グウェント:旧友」未発生で確認)

☆メインクエスト「霧の島」
※本編におけるターニングポイント。ここからストーリー的にもサブ(クエ、NPCなど)的にも大きく変化する。進行前に潰せる時限要素はすべてこなしておくのが望ましい
※「霧の島」~「はげ山」完了までは実質自由行動不可。進行前に万全な準備をしておくように。体感では詰まるほどの難所はなかった
「霧の島」を進行させると数多くの時限クエストの期限が終了となる。復習としてすべて解説する
・トロフィーに関連する時限要素
→「戦友」4種:これを達成しなければ『総員集合』が取得不可となる。声掛けする前に承認条件を満たしておくこと。なお、トロフィーは参戦者全員が承諾した時点で取得となる
※参戦者は承諾するといなくなる。やり残しは誘う前に終わらせておくように
→「魔法のランプ」「ネズミの塔」「友人との接し方」「学問の進捗のために」:これを達成しなければ『都合の良い友』が取得不可となる。また最後の選択肢で特定のものを選ばなければ『総員集合』が取得不可となる
→「憑依」「アンドヴィクの主」「王の一手」「戴冠式」:これを達成しなければ『キングメーカー』が取得不可となり、併せて『総員集合』も取得不可となる
→「生死に関わる問題」「またとない機会」:前者の進行中にグウェント勝負で3連勝しなければカードコンプ不可となる。後者クリアで『王の暗殺者』の条件クエストが発生するのでクリアしなければ取得不可となる
→「目には目を」「レダニアで一番のお尋ね者」「暗殺計画」:これらを達成しなければ『王の暗殺者』の前提条件を満たせないため取得不可となる。取得自体は更に先。また「目には目を」を特定条件を満たしてクリアしなければ『総員集合』が取得不可となる。更に「暗殺計画」で登場するザラーにグウェントで勝利しておかないとカードコンプも不可となる
→「危険なゲーム」:※救済あり。クリアしなければカード3種の取得が大幅に遅くなる
→この他にもいくつかのサイドクエストの期限が終了する。トロフィーには関係ないと思われるが、念のためこなしておくのが吉

☆メインクエスト「最後の準備」
・時限『王の暗殺者』:こなす必要のあるクエスト4種の内の1つ「灯台下暗し」の最後、ディクストラとの会話で「見逃すならニルフガード皇帝の狙いを教えよう」を選ぶと時限サイドクエ『国家の理性』が発生。暗殺時点でトロフィー解除
→選ばなければクエスト自体が発生せず、取得不可となる
→ちなみにこのクエストでED分岐となるが、トロフィーには関係ない
・時限『カードコンプ』:「最後の準備」が終わった段階でLv27に届く。「大きな賭け」に挑戦できる頃合い
→「大きな賭け」のグウェント対戦すべてに勝利しなければカードコンプ不可となる。すべて勝利できれば『カードコレクター』に加え、時限トロフィー『グウェントの達人』も取得できる
※敵は手札仕組みとマインドスキャンを疑うレベルの動きをしてくる。セーブできるタイミングでは必ずしておくように
→デッキ内容も最強に近い。こちらも謎のエルフ、リヴィアのゲラルトを入手してから挑むように(本編クリア後にグウェントの難易度とかいうオプション項目あるのに気づいた(白目 使用しても良いかは不明。変えるなら念のため本編デスマーチが終わってからにした方が良いだろう)
※Lv27の敵との殴り合いもデスマーチだとかなり危険。クエスト自体は時限ではないので後に回すのもありだろう
・この時点で依頼関連の時限以外はすべて攻略完了となる。本編も少し進めればエンディングなので、まずはデスマーチを終わらせよう

☆クリア後
・本編クリア後は難易度デスマーチに拘る必要はない。以降は最低難易度でOK(変更後プラチナ及び100%達成確認済み)
・まずは本編側で残っている時限の依頼関連を終わらせるのもありだろう。DLCから始めても問題ない(確認済み)

☆時限『ハンデなし』:印、霊薬、変異誘発剤、オイル、爆薬を使わずに退治を依頼された怪物を2匹倒すと取得。依頼クエストは有限なため、全完了前に取っておかないと取得不可となる
→悪霊系など、イャーデン等特定の攻撃手段が必須に近い相手は避けた方が良い。モルヴッド、森の精霊で取得確認
→「血塗られた美酒」終了後ならLv50を超えてるのでかなり楽

☆時限『森の精霊』:依頼クエスト「森の中心にて」をスヴェンルートで進め、森の精霊を倒して完了すると取得。戦闘回避ルートでは取得できないらしい

☆時限『プロフェッショナル』:依頼全完了で取得。唯一時限となる「依頼:井戸の悪魔」を逃さなければ問題ない。それ以外はすべてクリア後で達成確認済み














時限攻略チャート「無情なる心」

・こちらにも専用の時限トロフィーが存在する。押さえながら進行した際のまとめ
・「無情なる心」では新録カードはあるが、グウェント系トロフィーはない
→戦力云々はどこであろうと取得可能

☆メインクエスト「死者の宴」
・時限『大盛況!』:宴にて全ての催しに参加する。催し、というか目標アイコンは時間が経過するものとしないものがある。鏡の達人を最後に回し、目標アイコンすべてこなすようにすると良い

☆メインクエスト「開け、ゴマ!」
・時限『買い物中毒』:競売ですべての品を競り落とすだけ。1000あれば足りる

☆メインクエスト「ある結婚の風景」
・時限『悪夢を司る者』:時限らしいが何が時限なのか不明。指示通りに修復していき、世話人出てくるのが終わった時点で取得できる(ミスっても進むとか?)
・時限『数で大きく下回る時…』:修復が終わると目標が更新され、向かうとボス戦。1体以外は固まっているのでイグニなどを当てて動かす。全員が動いたのを確認したら倒そう
→なお、全員起こすと対多数なので当然不利となる。全員の攻撃が連続ヒットすると最低難易度でもゴッソリ削られる。グリフィンの変異抽出液を使用し、攻撃を当てさせて耐性を上げればある程度のゴリ押しも可能。ホワイト・ラファードの煎じ薬で回復もできればそこまで苦戦はしないだろう






時限攻略チャート「血塗られた美酒」

・またまた専用の時限トロフィーが存在する。押さえながら進行した際のまとめ
・エンディングトロフィーが2種存在し、同時に取得は不可能。データを分ければ1周で回収可能
・「血塗られた美酒」ではグウェントの新規デッキが収録されている。すべて集める必要があるが、時限はない

☆メインクエスト「トゥサンの怪物」
・時限『ダビデとゴリアテ』:リストの最後に位置しているが、取得チャンスはトゥサンに到着して早々に遭遇するただ1体のみである。必ず石弓の矢を目に当てて倒すように
→適当に目を狙って撃ってればいずれ当たるが、反射神経は付けた方が良い
※ちなみに最初の盗賊は無視可能で、トゥサンに来るとすぐゴリアテ戦。よって「血塗られた美酒」開始前のデータさえあればいつでも狙える

☆時限『ナイト・トゥ・リメンバー』
・メイン進行で失敗となる時限サイドクエ「惚れ込んだ騎士の恋歌」で参加することになるトーナメントが対象
→弓術、馬術、剣術に加え、優勝者との決闘にも勝利する必要がある。勝利時点でトロフィー解除。森で残るを選ばなかった場合は最後までセーブタイミングがないので注意

☆時限:エンディングトロフィー2種
・エンディングは3種類ある。和解エンド、服役エンド、バッドエンドの3つ
・和解エンドを目指すなら必要条件が非常に多いが、トロフィー目的なら後者2種でいい(ただしバッドエンドは恐ろしく後味が悪くなると思われるので注意)
・分岐点1:シアンナを探すか否かの場面。見つけた後にどちらも見れるので、基本的に探した方が良い。探さない場合は服役エンドが見れない
・分岐点2:おとぎの国でマッチ売りの少女と話す場面。ここでリボンを入手するか否かが分岐となる
→入手した場合『ラスト・アクション・ヒーロー』がエンディングで取得できる
→入手しなかった場合『牢獄の王』が少し先で取得できる。デトラフとの戦闘は回避でOK。服役ルート開始時に取得できるので以降は見なくてもいい(内容は一見の価値あり)
→豆をすべて入手してもマッチ売りの少女は任意目標として残るため、すべて集めてからマッチ売りの少女の目の前でデータ分けしてエンディング回収とすれば楽

☆時限『怒りの葡萄園』
・サイドクエスト自体は時限ではないものの、クエスト内で特定の行動を行わなければ取得不可となる
・まずはビラを取りサイドクエ「ワイン戦争:ベルガード」を発生させる
→流れを簡単に書くと、両者の問題計10個すべて解決・問題発生地でキーアイテムを入手し読む(各クエ1つずつ)、2点を済ませてからどんでん返し以降を進める

☆時限『5つの美徳の化身』
・サイドクエスト自体は時限ではないものの、クエストで指定される条件を満たせなくなる可能性がある
・本編、サイドクエスト、トレジャーハントと満たせる場所は多く、5項目すべて1つ満たせば良い。適当にやっても余程運の悪い人しか満たせないなんてことにはならないだろう
・本編進行中に「シェルマールにとどめを刺さない」「温室です!」を選ぶ。「惚れ込んだ騎士の恋歌」進行中に「リヴィアのゲラルト名義で参加して騎馬戦に勝つ」「トーナメントで優勝する」。「未知と向き合う時」発生時の郵便屋に「チップをやる」、とするのが一番楽か






詳細一文トロフィー一覧

☆本編
・木の達人:全般アビリティで取得する場合でも、GOTY版(DLC導入?)は20すべて必要。ちなみに印アビ全開放バグでは取得できない
・ハンプティ・ダンプティ:マップ上首吊りの木右下にある悪魔の巣穴が定番。氷槍は外しておくように
・自然の敵:説明以外にもイグニの炎上等様々な撃破方法が加算対象な模様
・完全武装:現在は一応蛇流派でも可能
・圧倒的な力:ホワイトオーチャードが楽
・喧嘩の達人:時限なし
・ゲラルトと仲間たち:私は開幕シリラを出したら即パスされたので楽に取れた
・金切り鳥:クロウパーチの掲示板「依頼:金切り鳥」
・恐れ知らずの吸血鬼ハンター:オレトンの掲示板「依頼:行方不明の兵士」
・森の精霊:フェイアルンドの掲示板「依頼:森の精霊」
・敵か味方か?:ランヴェイグの掲示板「依頼:行方不明の息子」
・灰は灰へ:大司祭広場の掲示板「依頼:呪われた家」
・ドップラー効果:大司祭広場の掲示板「依頼:インプ」

☆無情なる心
・送り主への返送:矢避けLv2以上。DLC関係ねぇ
・乱用注意:「代謝ブースト」を装備してマリボーの森(高級)と白い蜜を交互に使用し、アドレナリンを3にする。霊薬使用の中毒度上昇が99%カットになるので10以上も可能
・トゲを抜かれた野薔薇:DLC区域にある全8箇所の野営地マークを灰色にする
・殺牛鬼:ヤントラの少し南に大量にいる。イグニでは計算されない模様

☆血塗られた美酒
・楽しき家作り:「我が家に勝る場所なし」を完了する。14000クラウン必要
・執念の捜索:伝説の鍛冶職人(マップ上グランプラス鍛冶屋の右)から情報を得るとクエストが登録される
・グウェントに夢中:トゥサンでのグウェントトーナメントに参加しようとするとスケリッジデッキカード収集クエストが発生する
・とびきりの装い:伝説級のウィッチャー装備を揃える必要がある。設計図1セット揃えれば伝説の鍛冶屋で作成可能
・ウェポンダブリュー:グランプラス周辺をうろつくとクエストが発生する。ゴリアテ撃破直後で発生確認






道を歩みし者

現在では壊れアビリティ「美食家」が存在するので難易度はかなり低くなっています。

私は時限押さえながらクリアすることしか考えてなかったので、装備わざわざ作ったりはほぼしませんでした。購入できるDLC?と拾い物、アビリティも20ポイント程放置してましたが問題なくクリアできたのでそこまで難しくはないかと。タイマンは基本クエン張って強攻撃1、2発を繰り返してれば勝てます。

ただラスボスが放つ衝撃波は1、3、5wayで飛んでくるので最初以外を至近距離で食らうとクエン張ってても即死する点だけ注意しましょう。

あと2周目で狙うことも一応可能ですが、今作の2周目は少々特殊で、開始するとすべてのクエストの推奨レベルが開始時のゲラルトのレベル分増加します。すぐに始めるとおおよそ55ぐらいでしょうからホワイトオーチャードのクエストが60近くになります。

やり込みで2周目もやった感想としては多分2周目の方がだるいですね。装備変えずにやってると最低難易度でも体力半分以上飛ぶのがザラだったのでw どちらかと言えば1周目飛ばしてクリア、2周目で時限狙う方がある程度流れも分かって楽だと思います。



オーバーキル

トロフィー説明が曖昧ですが、トロフィー名の通り、3種の効果が発生している間に倒す必要があるので注意。

オススメはティール・トカールの剣(出血確率35%。低レベルだと効率的)で雑魚をまとめて出血にし、悪魔のホコリタケを使用。その後毒範囲内にいる敵すべてにイグニを撃って炎上させる方法。敵の体力が多めに残っているなら何発か撃って調整しましょう。中々取れませんでしたが、この方法に切り替えたらすぐに取得できました。

高レベルだったのでトゥサンのモンクレーン城でやってましたが充分狙えます。



名射手

数少ない作業トロ。ヘッショ判定はかなり厳しめ。

変異「猫の目」を適用すれば石弓のダメージがまともになります。更にアビリティ「反射神経」と「安定射撃」を付ければかなり楽に狙えるでしょう。私はモンクレーン城でやってましたが、弱い地域に行ってアクスィー→ヘッショとすれば簡単に稼げるかと。



害獣駆除

スケリッジ諸島は5ヶ所しかないので楽です。探す際はまず近くの掲示板を見ておきましょう。

・マップ上「十字路」左下。力の場近く
・マップ上「十字路」の下
・マップ上「フィレスダル」左下
・マップ上「宿屋の廃墟」(十字路から上の街道を進むといる商人が登録用書物を販売してたはず)
・マップ上右上「ウリアラ波止場」から左



カードコレクター

☆北方諸国デッキレシピ
※謎のエルフ未所持の場合

・おとり×3(SP)
・指揮官の角笛×3(SP)
・冬将軍×3(SP。メタ枠)
・シリラ(Nヒーロー)
・ヴェンガーバーグのイェネファー(Nヒーロー)
・ヴィレントレテンメル(N)
・北方諸国10ヒーロー×3(ロッシュ、シッセン、ナタリスなど)
・カタパルト×2
・投石器×2
・バリスタ×2
・攻城塔
・ステニス王子
・ドラゴンハンターのクリンフリッド団×2
・ダン・バナーの医師
・シギスムント・ディクストラ
・ザラー
・ケイドウェンの攻城専門家×3


※謎のエルフ所持の場合
・北方諸国10ヒーロー追加(4枚全部入れる)
・謎のエルフ追加
→ドラゴンハンターのクリンフリッド団×2と入替
・リヴィアのゲラルトが手に入ったら北方諸国10ヒーローの誰かと入替



☆対戦アドバイス
・攻城ユニット、諜報員、おとりは最大数入れておくこと
・SPは10まで好きに増減すると良い。初手で2枚交換できるのでそうそう事故らない
・ユニットカードは最低22。多数展開するスコイア=テルやワイルドハントならともかく、通常戦法なら組む数値は最低にすること
・晴天がないのは指導者カードを【フォルテスト 北方の司令官】(好きなタイミングで晴天効果)にしているため。2ラウンド共に豪雨刺されることはまずない
→ニルフガード指導者に相手の指導者効果を消すのがいる。使う対戦相手だけは要注意

・敵は近接デッキが非常に多いため、冬将軍引くだけで勝ちに繋がることも多い。対して間接は極稀、というか特化デッキを見たことがない。もし当たっても濃霧に入れ替えるだけで済む
・一番厄介なのが北方諸国攻城の同じデッキだが、内容が自分より弱いことが多く、使いこなせていない場合も多々

・グウェントにおいて最も需要なのは、1ターン目をどうパスさせるかに尽きる。パスさせれば次のラウンド内容を考えながら消費するカードをじっくり選べる。この辺はやってる内に分かるはず
・ニルフガードは素で弱く、冬将軍その他適当に活用するだけでも余裕で勝てる
・ワイルドハントは一番雑魚で、冬将軍かヴィレントレテンメルが決まればすぐパスする。更に楽なのが、こちらの初手にターン潰しがある場合(諜報員やおとり)。こちらが諜報員でカードを増やしている間に相手はバカみたいに近接を展開する。一通りアド維持できる範囲でターン潰したらパスして次のラウンドに移る。すると相手は初ターンでパスするので弱めの1体だけ出してラウンドを取る。次ラウンドは潤沢な手札で蹂躙すれば楽勝



☆サイドクエスト「上級錬金術の実習」攻略(推奨レベル24:攻略レベル18)
※前提条件等:デスマーチ、美食家、グリフィン流派の技術+中装4
・フリッチョフ:雨乞い中に大量のレベル23フォグレットと戦う。屍鬼なのでそれほど強くはない。おまけに狼と雷が援護してくれる。さほど苦戦はしないだろう
・ルリハコベ:探しに行くと邪魔をするようにレベル26のアーマー・アラキスが配置されている。クエンを常時張りながら△連打で倒せた
→その後に登場するサキュバスは戦うと一撃でやられる。現時点では回避するしかない。変異誘発剤の問題はあるがトロフィーには関係ない
・酒蔵:中に入るとレベル21のサイクロプスと戦闘になる。クエンとイャーデンが特に有効。イャーデンは強化した上で2つぐらい張っておくと良い。単体なのでなんとか行けるはず。梯子の上で麦芽を取る、降りて真ん中の機械に入れる、イグニ、レバー右左
・上記3つが済めばあとは進めて完了。サクッと勝利し最強のカードを手に入れよう





ワイルド・スピード

「レース:クロウパーチ」「レース:エラスムス記念ダービー」「英雄杯:女神の栄光のために!」をクリアするのが条件。クロウパーチ、ノヴィグラド大司祭広場、ラーヴィックでビラ等を取ると発生します。

「シリを追って」のノヴィグラド編をクリアするとトゥサンの先頭クエストが発生します。トゥサンへは盗賊スルーからのゴリアテ目で瞬殺とすれば低レベルでも行けるので、グランプラスの防具屋で最高の馬具をすぐに揃えられます。適性レベル+9000クラウンあるなら家貰って改築して厩舎強化すれば更に楽に。

なおクロウパーチに関しては時限の可能性があるので注意。1周目はビラを取らずに進め、終盤で探しても一向に出てこず取得不可となりました。2周目はビラを早期に回収して未クリアのまま放置していると、途中でなぜかクエストリストから消滅、と思ったらクリア後にケィア・モルヘンに戻った時点で最発生というよく分からない状態に。結果だけ見ればビラさえ取ってしまえばOKに思えますが、発生時点でクリアしてしまうのが一番安全でしょうね~。

ちなみに最強の鞍は「無情なる心」にて入手可能ですが、クリア必須な上に別の報酬とトレードオフなので現実的ではないです。




オフィル製品の愛用者

必要な装備は鋼の剣、防具一式、馬具一式です。ノヴィグラドマップ右上のアッパーミルへ行くことになります。

鞍は商人とのレースクエスト報酬、腕防具が設計図収集クエストを完了して作成。残りの剣と防具は拾えて、馬具は商人から購入可能。手持ちで揃える必要がある点には注意しましょう。




急滑走!

ノヴィグラド北の力の場を探している時に偶然取れましたw このように引っ掛かる場所なら他でも可能だと思います。

急滑走!





卓越

『カードコレクター』で紹介しているデッキでも可能です。本編トーナメントで白熱した試合でした…w

卓越





アスタ・ラ・ビスタ

変異「猫の目」を適用し、爆薬「北風」で凍らせてから打ち込めば楽に取得できるでしょう。低レベル地域なら尚良し。

しかし見た瞬間笑っちゃいましたね~。画像の通り「迷訳」のまんまなのは吹いたw 死ぬほど観たのでホント懐かしかった。

アスタ・ラ・ビスタ






トロフィー攻略については以上です。


【コンプ難易度】
コンプ難易度は☆5/10。
現在ではすべてのDLCが収録されており、本編クリアから流れるように取り組むことになるため総合で☆5と考えてもらって良いと思います。
最高難易度クリアはあるもののそこまで難しくないですし、作業も少ない。問題は時限が多いのと時間がかかることぐらいなので☆5が妥当と判断しました。



【コンプ時間】
コンプ時間は173時間。
かなり遊びながらやってたので長い方だと思います。コンプ後もやり続け、250時間プレイしてますw



【雑記】
探索系のゲームに目覚めた際に目を付けた作品。ストアセールで2000円以下だったので即買いでしたw ホライゾンから続けてやりましたが楽しめました。快適性の無さと主人公の貧弱さで大幅に評価下がったのが本当に惜しい…。
老人ゲラルトさんの物語は終わったので、万が一新生ウィッチャーが発売するなら快適性だけでも大幅に向上させて欲しいですねw
トロフィー的には時限さえ押されれば大丈夫なので、気になった人は是非やってみて下さい!








☆商品リンク(Amazon)

ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション 【CEROレーティング「Z」】 - PS4










関連記事
コメントの投稿
非公開コメント

連絡及び注意事項
☆注意事項
・無断転載は全面禁止
・リンクはフリー。気軽にどうぞ
・暴言、煽り、晒しなどの悪質なコメントは即刻削除の上、即時アクセス禁止といたします
→場末のブログなので厳しめ。賑わってきたら緩和も考えます
クリック広告
プレイ中のゲーム
オントロ協力者募集中のゲーム
検索フォーム
カテゴリ一覧
総アクセス数
最新記事
最新コメント
クリック広告
プレイ予定ゲーム(新作優先)
プレイ済みゲーム(直近3作)
クリック広告
ツイッター
クリック広告