アサクリ シンジケート:ゲーム紹介・プレイ後感想


アサクリ シンジケート紹介


Assassin's Creed Syndicateの紹介とプレイ後感想を書いた記事です。
※購入を迷っている方向けです



【ゲーム紹介】

アサシン教団とテンプル騎士団の対立を描いた人気シリーズの一作。

今作ではヴィクトリア王朝時代のロンドンを舞台とし、双子のアサシン、ジェイコブとエヴィーの物語を描きます。

今作からフィールドが大幅に拡張され、オープンワールドと言える広さに。ロンドン全域を探索できるので、そちら目当てで買うのもありw

戦闘は暗殺が基本ですが、近接戦もあり。

以下に簡単なまとめと解説。



【良かったところ】
・オープンワールドしての出来
・ロープランチャーでの快適な移動補助
・ロンドンを観光できる

【イマイチなところ】
・面白みのない戦闘
・バグの多さ
・リアルさ重視=テンポ阻害



【解説】
☆良かったところの解説
・探索してると何かありそうな場所には大体あるし、点在しているアクティビティへの挑戦も色々な方法があって楽しい。オープンワールドとして必要な要素は揃っていると言えます。探索好きなら満足できるでしょうw

・今作から実装された「ロープランチャー」は建物の一番上まで一瞬で行け、隣の建物へもすぐに移動できる優れもの。今までは隣に何かあると思っても飛び移るルートがなければ一旦降りる必要がありました。特に都会が舞台である今作ではこの場面が非常に多いのでかなり快適。探索も捗りますw

・この点はアサクリシリーズの評価点と言えます。エジプトが舞台のオリジンズもプレイ済みですが、国または地域の観光名所や重要施設はしっかり用意されているため、まるで旅行に行ってるような気分に。名所へ近づくと説明の書かれたデータベースも見れるようになるため、それを読んでから「あーこれが書いてた模様ね」とか現地でやりそうなこともできたりしますw
序盤から全域に行けるようになるため、敵の邪魔が入ることを我慢できればその目的で買うのもありかもしれません。



☆イマイチなところの解説
・戦闘というのは「敵にバレた状態(赤リング)」時のことを指します。この状態だと近接戦闘になりますが、これが死ぬほど面白くない。敵が防御したら崩さない限りダメ入らない、多数の場合横槍入りまくり、与ダメがショボいしモッサリと散々。できるだけ戦闘は回避して暗殺した方が良いでしょう。この点はアサクリシリーズ的には正しいのかもしれませんが、オリジンズは戦闘もまともだったためその差にびっくりしましたw

・これはもうお家芸と言えます。マスターアサシンのフレさんでさえ「UBIのBはbugのB!」と断言されるぐらいですw
ただ今作のバグは面白いものが多く、中には爆笑してしまうものもありましたw このレベルだけならむしろ評価点と言えるかもしれません。
問題となるのはやはり致命的なバグ。私はトロフィーバグに遭遇してしまい、データを削除してやり直すしかありませんでした。比較的序盤で狙えるものだったので良かったですが、終盤のものだったらもう諦めてたかもしれません。バックアップはこまめに取るのが最善。

・別ゲーで言えば龍如でも見られるリアル重視の挙動。人とぶつかったら進みが遅くなる、騒動が起こり店主が怯えた状態だと店が使えない、慣性が色んなところで乗る、等々。非常に些細なことですが、こういった要素はプレイ中に幾度となく遭遇することになるため、ストレスが蓄積されてしまいます。ゲームなんだから快適性を重視した方が良いと思うんだけどなぁ…。




【総評】
広大なロンドンを探索できる良作。探索、ステルス要素を求めている方にはオススメできます。

ただし戦闘に期待してる方は再考が必要かとw




☆商品リンク(Amazon)



アサシン クリード シンジケート 【CEROレーティング「Z」】 - PS4










関連記事
コメントの投稿
非公開コメント

連絡及び注意事項
☆注意事項
・無断転載は全面禁止
・リンクはフリー。気軽にどうぞ
・暴言、煽り、晒しなどの悪質なコメントは即刻削除の上、即時アクセス禁止といたします
→場末のブログなので厳しめ。賑わってきたら緩和も考えます
クリック広告
プレイ中のゲーム
オントロ協力者募集中のゲーム
検索フォーム
カテゴリ一覧
総アクセス数
最新記事
最新コメント
クリック広告
プレイ予定ゲーム(新作優先)
プレイ済みゲーム(直近3作)
クリック広告
ツイッター
クリック広告