リディー&スールのアトリエ:ゲーム紹介・プレイ後感想



紹介1



リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~の紹介とプレイ後感想を書いた記事です。
※購入を迷っている方向けです



【ゲーム紹介】

恒例の一年一作アトリエシリーズ。2017年担当の今作は不思議シリーズ最終作であり、アトリエ20周年記念作品でもあったので、開発の意気込みは相当なものだったのではないでしょうかw

アーランド、黄昏、不思議と続く近代アトリエシリーズ。今作で3シリーズ目が終わり、実に9作に及びました。同シリーズである不思議からは数多のキャラが出てくるため、前二作をやっておくと非常に楽しめますw

期限に関してはストーリー途中で極々一部あるものの、ないと捉えて貰って問題ないかと。

ストーリーは相変わらず。途中世界の脅威とは戦うものの、お母さんとの約束を守るという双子の姉妹の願いが大筋となって進んでいきます。仰々しい大作RPGに疲れた人はハマる可能性大w

戦闘もいつもと一緒。ターン制のコマンドバトル。装備、アイテム効果と特性を練ることでぼろ負けした相手でも完封できるようになるのもいつも通り。今作においてはそれを目指しての作り込みがメインとなるやり込みですw


以下に簡単なまとめと解説。



【良かったところ】
・多くの不思議シリーズキャラがいて豪華なイベント
・個性的な「絵画」世界の数々
・作品を彩る要素がどれも秀逸(一枚絵・3Dモデル・音楽等)

【イマイチなところ】
・超搾取有料DLC
・時間による変化
・敵の耐性



【解説】
☆良かったところの解説
・不思議シリーズ最終作ということで、シリーズキャラ総出演の勢いなためイベントが非常に豪華。また、初作にあった伏線を残り二作で順番に回収し、最後にはちゃんと大団円を迎える壮大なイベントをもつキャラも居たりと、今シリーズはストーリーやイベントが丁寧に作られているので見応えがありますw
実を言うと最終作のイベント周りにおいては前二シリーズともやらかしている(特に黄昏)ため、最後でしっかり〆るのは開発にとっても悲願だったんですよねw おまけに今作は20周年記念作品なのでやらかしはなんとしても回避しないとってのもあったのかもw
私も前二シリーズでは苦言がいくつもありましたが、今作は拍手と共に「素晴らしい」の一言を送らせていただきたいと思いますw

・前作とは違い、現実ではない「絵画」の世界を巡る今作。ある場所は薄気味悪い森、またある所は極寒の洞窟と、バリエーションに富んでおり、次はどんなところだろうというワクワク感を駆り立ててくれます。新たな絵画へ入った時にはナレーションが入るのですが、それを聞きどんな話が待ち受けるのか想像するのもまた楽しい。テーマ通りの作り込みの凄さもアトリエの良さですね~w

・アトリエを彩る要素はいつも秀逸ですが、今作もそれは変わらず、むしろ更にレベルが上がってる気すらしますw ソフィーの頃は失敗だろと思った絵師二人も、後から合わせたのか一枚の絵として完成していたり、3Dモデルは二人の絵師で違う画風を見事に表現。音楽も完全新規の他、前二作のアレンジで新旧共に楽しませてくれます。
次シリーズではどんな大筋のテーマの元、アトリエを彩る要素がどう進化するのか今から楽しみですw



☆イマイチなところの解説
まさかまさかのガストバンナムコンパ化と虚空へ消えた言葉を発せられても仕方のないレベルの搾取DLCの数々。前作でもキャラDLC等ありましたが、今作の比ではありません。幼馴染キャラの有料DLC(しかも1000円(白目)は、例えるならロロナのくーちゃん、トトリのミミがDLC化したと言えるでしょう。
他には3回戦えばLv1→50になる経験値クエスト(100円)、序盤に作れて量販登録可能なアイテム10個納品で5000円貰えるお金クエスト(100円)、デフォルトでは作成不可所持上限99のものが990持てるようになり調合も可能になるバトルミックスセット(300円)、最上級特性が戦うことなく揃えられる追加マップクラーデル平原(1000円)、極めつけは今まではデフォルトで入っていた便利な探索装備(秘密バッグ、移動速度アップ、強化版栄養剤)が作れるようになるレシピセット(200円)。やらかしちゃったなーこれは。
一応DLCらしく買わなくても良いし、買えばめっちゃ便利になるって存在なので、擁護できなくもないですが、幼馴染と探索装備はちょっと難しいな…。今までは普通に入ってたし、幼馴染の方はそのせいでストーリーが微妙に変だし。ぶっちゃけ大元となったコーエーの差し金のような気がしないでもない。無双のDLCのニオイがそこはかとなく…w

・今作は時間によって開くショップが変わったり、出現する敵が変わったりします。ただフィリスのような期限はないので、寝て時間変更するのに抵抗はありません。外で出現する敵が変わるのは、現地で変更する方法がないので面倒ですが、図鑑や依頼コンプする気がないなら大きな問題ではないかな。前作で問題だったのに撤廃しなかったのはどうかと思うけど…

・前作と同じく雑魚に物理耐性とかやっちゃってますが、アイテムに耐性を下げる効果が増え、魔法を使えるキャラが多くなったりと大分改善されました。「戦法を考える」と言えるレベルにはなりましたが、雑魚に耐性、割り込みが継続してるのはマイナスかな…




【総評】
不思議シリーズ最終作、アトリエ20周年記念を冠するに相応しい良作。
難易度が低く、すべての要素が高水準なため、入門にも適していると思います。個人的にはソフィーからやって伏線の確認と、不思議な物語の変遷を見てほしいかなw









関連記事
コメントの投稿
非公開コメント

管理人の一言
どうも、自称ゲーマーのナイトですw
更新頻度は低いですが、その分質の良い記事を書くよう心掛けてます。

無断転載全面禁止。リンクはフリーなのでお気軽にどうぞ!


【現在のゲーム事情】
☆プレイ中
アサシンクリード オデッセイ
モンスターハンター:ワールド

☆アプデ・DLC待ち、継続検討中
ゼノブレイド2

☆オントロ協力者待ち
TR DE

☆プレイ中(ソシャゲ)
グラブル、デレステ
検索フォーム
カテゴリ一覧
総アクセス数
最新記事
最新コメント
ツイッター
月別アーカイブ