MHW:ゲーム紹介・プレイ後感想


MHW紹介


モンスターハンター:ワールドの紹介とプレイ後感想を書いた記事です。
※購入を迷っている方向けです



【ゲーム紹介】

3(トライ)以降任天堂のゲーム機で出るのが通例となっていたモンスターハンターシリーズ。今作は久方ぶりにソニーのゲーム機での発売となりました。

ゲームとしてはシリーズの系譜を抑えつつも、大胆な変化を加えられた挑戦的な作品。据え置きで出しているところからも、世界を狙っている節が見えますw

ストーリーは新大陸と呼ばれている場所へ調査へ行き、「古龍渡り」という現象の謎を追うというもの。美麗なムービーと地味に初なモンハン語以外の言語でしゃべるキャラ達が魅力(モンハン語も可能)。

システム面は従来と大分変わっていますが、ダブルクロスまでの系譜はしっかりと受け継ぎ、昇華された部分も多くかなりの完成度を誇ります。
特にモッサリとしたアクションが主だった従来に比べると、非常に機動力の高い動きをします。それでいて1つ1つの動きのモーションがリアル(受け身や力の殺し方など)に作られているため操作していて気持ちが良い。正直ここまで快適だと従来のシステムには戻れなくなるかもw
武器に関してもナンバリングで使えた14種が続投、そのすべてに新技や動作の追加がされています。クロス系列の狩技やスタイル要素に慣れていると、それがない状態大丈夫か?と思いましたが、武器種毎の追加要素がそれらを越える動きの場合があったりするのでむしろ驚きますw
防具は従来と違って剣士/ガンナーの区別がなくなりましたが、後半では同じモンスターの防具でも見た目と性能が違う2種類用意されています。また、剣士/ガンナーで武器種ボーナスが違うため、ガンナーだと今まで通りの被ダメージに変化します。

では以下に簡単なまとめと解説。



【良かったところ】
・広大かつ美麗なフィールド
・お手軽マルチ「救難信号」
・大きく増した「リアル感」

【イマイチなところ】
・ソロが最も効率的なバランス
・集会所の仕様
・ゲームとしての底の浅さ



【解説】
☆良かったところの解説
・フィールドに関しては文句なし。草花、木々、水場、環境生物、それらを見ているだけでも楽しい。天候や時間で自然にも変化があるため飽きが来ません。拠点には双眼鏡が売られているので、それを持ってのんびり探索すると最早別ゲーをやってる気分になれますw 新たな発見があると思うので、ハンターとしても必要かも。
「狩れ、生ける大地と共に」のキャッチコピーは伊達ではないと感動しましたね~。美麗なフィールドに惹かれて、というのも充分買う理由になると思いますw

・まず前提として、今作ではクエストが始まったあとでも参加できます。それでリーダーは救難信号というものが撃てるのですが、これを撃つと他の全ハンターの検索に引っかかるようになり、途中参戦してもらえるのです。一人では厳しいクエストも気軽に救援を依頼できるため非常に便利。参加の可否を決めることも可能なため、強い人に来てもらいたい場合も安心。参加側もちゃんと報酬が貰えます。最もお手軽にマルチができる手段ですねw

・リアル感は今作を象徴する言葉。フィールドもそうですが、ハンターや拠点の住人一人一人の動きがリアル。モンスターも鱗や甲殻、炎に氷といった属性までリアルな表現になっているため見ているだけで楽しい。私が人一倍「リアル感」が好きってのもあると思いますがw 私と同じ趣味の方には自信を持ってオススメできます。



☆イマイチなところの解説
・今作はオフ専の方に考慮したのか、「すべてのクエストにソロ難易度がある」状態になっています。もっと簡単に言えば「参加者が自分だけならどんなクエストでもソロ扱い」になります。誰か1人でも参戦すると「モンスターのHPや耐性値増加」等の変化が起こり、マルチ相当の難易度へ変わります。一度そうなるとクエストクリアor失敗するまでそのまま。よって2人でやる場合は利点がないと言えます。今作は火力インフレも激しいので、2人でも10分切れますが、ソロだと5分ぐらいで終わるため、「4人ガチな人が集まるレベルでないとソロのタイムを越えられない」というよく分からない状況に。お手軽マルチや据え置きという面からもマルチプレイ推奨なはずなのにどうしてこうなった…。

・集会所は従来だと4人集まってみんな姿が見える状態でしたが、今作は16人まで入れて集会エリアでしか姿が見えないように仕様変更されました。
集会所に入っていてもすべての機能が使用でき、他の人の姿も見えず、コミュニケーションも取りずらく、クエスト貼られても入って良いか分からないという野良お断りの状態に。
集会エリアはありますが、拠点内でそこだけ移動時にロードが入るため、ぶっちゃけ死んでます。闘技がそこでしか受けられないのでやる時だけかな。
早急な改善要求がそこかしこで挙がっているので何かしらあると良いな…w

・美麗なフィールドやリアル感は魅力的な今作ですが、一方でゲームとしての底は非常に浅い。
ダブルクロスだと物量特殊許可からの命を懸けた超特殊許可とエンドコンテンツの長さもそこそこのものでしたが、今作は現状歴戦の個体と呼ばれるモンスターしか居ません。しかも調査クエストという回数制限ありのランダム生成クエストに丸投げ。フリークエストなんて数えるほどしかありません。フィールド作成で力尽きた説が濃厚だろうなぁw
今後のアップデートでモンスターの追加等が予定されているとの話なので、そちらに期待かな。




【総評】
長く人気なシリーズですが、大きく変わろうとした挑戦作。すでに600万の売上が報告されているため大成功と言えるでしょう。

ゲームとしても徹底された快適性、増した機動力にリアル感と充分な魅力を備えた傑作。底の浅さが問題点と言えますが、今後に期待できそうです。


【感想】
私は今作までに勲章コンプ9作するほどやってますが、正直最近のMHは楽しめてませんでした。でも今作は間違いなく「楽しい」と感じています。勲章もコンプしましたが、まだまだやるつもりですw

離れていた方やマンネリを感じていた方にこそやってもらいたい。新たなモンスターハンターを。









関連記事
コメントの投稿
非公開コメント

管理人の一言
どうも、自称ゲーマーのナイトですw
更新頻度は低いですが、その分質の良い記事を書くよう心掛けてます。

無断転載全面禁止。リンクはフリーなのでお気軽にどうぞ!


【現在のゲーム事情】
☆プレイ中
龍が如く0 誓いの場所

☆アプデ・DLC待ち、継続検討中
ゼノブレイド2、モンスターハンター:ワールド、スプラトゥーン2

☆プレイ中(ソシャゲ)
グラブル、デレステ
検索フォーム
カテゴリ一覧
総アクセス数
最新記事
最新コメント
ツイッター
月別アーカイブ