FFXV:プレイ後感想含めた紹介!


FINAL FANTASY XVについての紹介とプレイ後感想を書いた記事です。
※記事の最後の項目にはネタバレを含めた感想を載せているので注意!


【どんなゲーム?】
言わずとしれた国民的RPGシリーズ、ファイナルファンタジーの15番目の作品です。今回のロゴも実にFF。

s1.jpg

主人公ノクティスと仲間3人で旅をし、色々な障害を乗り越えて目的を果たす物語が本筋。これだけ聞くとオーソドックスですが、意外な展開が多くあります。

オープンワールドというのも売りの1つな通り、プレイ中に見る景色も壮大。
街から旅する広大な大地を見たり

s2.jpg


時には車で目的地へ(ちなみに車は細部までカスタマイズできますw)

s4.jpg


目的地に着けばみんなで記念撮影

s5.jpg


旅が長引けばみんなでキャンプ

s6.jpg


仲間の振る舞う料理に舌鼓を打ち、夜が明けるまで待つ。

s7.jpg


彼らに課せられた使命はかなり重いものなんですが、仲間の撮る写真や道中の会話、釣り等のサブイベではみんなはっちゃけてるので「お前ら旅楽しみすぎだろ!ww」と何度も笑いながらツッコミましたw

戦闘に関しては従来とは違って完全にアクションRPGと化しました。とは言ってもアイテムの性能が良い上に豊富なので、そこまでスキルは必要としません。ストーリークリアぐらいならバランスも悪くないので楽しめるはず。

ボリュームはストーリーを追うだけなら結構早く終わると思いますが、探索やサブイベ等をしっかりこなすと100時間は遊べます。釣りやチョコボレース等のミニゲームも豊富なので、ハマる人はこれだけで相当時間使っちゃうかも?w

FFファンなら問題なく楽しめる作品。ニヤリとできるシリーズパロディも色々ありますw あとは上の画像を見て面白そうと思った方にもオススメできるかな。それ以外の方は以下もご覧下さい。




【良かったところ】
・操作中の映像美は最高品質
・ノクトのキャラ性が良い
・ゲーム内アイテムでFFシリーズの曲が聴ける


【イマイチなところ】
・終盤の戦闘バランスがめちゃくちゃ
・探索に面白みがまったくない
・ストーリーが中盤から駆け足すぎる



【解説】
最早スクエニお家芸と言える映像美は流石の一言。このクォリティで動かせるようになったんだなぁと感動すら覚えます。

ただそれ以外はやればやるほど楽しくなくなる残念な出来。イマイチなところも3点に凝縮しましたが、書くときりがないほどあります。

戦闘バランスは強敵の記事(→
モブハン強敵&脅威ボス攻略!)にも書きましたが、クリア後から一気におかしくなります。基本スパアマ素早いの複数て感じのゴリ押し。ガー不攻撃も多用するようになり、避けようがない場面も多々出てきます。おまけに強敵戦は大体イージー救済不可、挙句の果てにはアイテム使用不可とやりたい放題。戦闘に関しては楽しませようという気がないと言い切ってもいいぐらいですねぇ。

探索は「あ、ここなんかありそう」と思った時、私が神ゲー認定しているゼノブレシリーズなら絶対なんかあって「おお~!」となるのですが、今作は「やっぱないわ」が基本。あったら珍しいレベル。フィールド広いのは広いんですが、ただただダダっ広いだけ。探索好きの私ですら探索するの無駄と思えるほど。木も岩も似たような物置いてるだけだから景色も見飽きてくる。おまけにファストトラベルが不親切でロードが長い。ホント書き出すときりないなw

ストーリーはネタバレを含むので最後の項目で。



【総評】
シリーズファン、ストーリークリアまでの方なら充分楽しめる出来なのでオススメできます。
しかし奥深い戦闘、探索し甲斐のあるOW、練られたストーリーを求めている方は良く考えた方が良いかと。

ちなみに私の
2016年プレイゲームランキング!では10位/35でしたが、同時に一番のガッカリゲー判定となりましたw


【プレイ時間】
やり込み等やり尽したと思えるぐらいやって170時間です。個人的には200切ったんだって感じw















※以下には重大なネタバレが含まれているので重々注意!

【ネタバレを含めた感想】
こちらでは主にストーリーについて。今作のストーリーは「メニューの料理説明には高級素材がいっぱい載ってるけど、出てきた料理のどこに使われてるか分からない」という感じの出来。レギス、イドラ、グラウカ、レイヴスなどは見るからに重要人物で声優さんも有名どころなのにほぼ出番がありません。前者3人はキングスグレイブで大活躍してますが、レイヴスなんかそっちでも醜態さらすだけ。本編では1回強者だと見せつけておきながら次出てくるの死〇ですからねぇw 散々言われてますが全体的に描写不足なのは間違いないです。

あと上に書いた駆け足の部分を説明すると、リヴァイアサン戦以降ほぼ一本道です。ルシスとオルティシエが探索可能なフィールドですが、ルシスはカエムの港を出発した時点で正史上の探索は終わり、オルティシエに至っては着いてすぐの首相との会話が終わると終了。後に過去に戻れるようになりますが、これなかったら散々叩かれてたXIIIより酷いですよw 実際私はXIIIの方が面白かったですし。一本道の部分は簡単に詳細書けますが、流石にネタバレすぎるのでやめときますw

内容は最後のノクト等、いつも救いがないように見えますが、よく考えたらこれファイナルファンタジー、「最後の物語」ですからね…。意味としては合ってるのかもしれません。納得はいきませんが。

描写不足等アプデで修正していく、追加要素も入れると言ってますが、それでなんでも許される訳じゃないんだよなぁ。私と同じくすでに購入してプレイした方はもう一度ストーリー見にいくわけないし、一度終わったゲームに追加来たからまたやるって相当ハマってないと無理だし。最近の開発者インタビューでは開き直ってるかのような発言もちらほら見えたんで、やっぱスクエニはもうアカンかも…。ゲームはプレイして楽しいと思えなきゃいけない、開発者にはそこをもう一度思い出して欲しいですね。





☆商品リンク(Amazon)



ファイナルファンタジーXV ロイヤルエディション - PS4










関連記事
コメントの投稿
非公開コメント

連絡及び注意事項
☆注意事項
・無断転載は全面禁止
・リンクはフリー。気軽にどうぞ
・暴言、煽り、晒しなどの悪質なコメントは即刻削除の上、即時アクセス禁止といたします
→場末のブログなので厳しめ。賑わってきたら緩和も考えます
クリック広告
プレイ中のゲーム
オントロ協力者募集中のゲーム
検索フォーム
カテゴリ一覧
総アクセス数
最新記事
最新コメント
クリック広告
プレイ予定ゲーム(新作優先)
プレイ済みゲーム(直近3作)
クリック広告
ツイッター
クリック広告