スプラトゥーン2紹介1


スプラトゥーン2の紹介とプレイ後感想を書いた記事です。
※購入を迷っている方向けです



【ゲーム紹介】

一昨年の5月、塗った陣地の広さを競い合うという斬新なゲーム性で大ヒット作となったスプラトゥーン。今作はその続編です。

前作のハイカラシティからハイカラスクエアに舞台を移し、新たなステージ、新たなブキで繰り広げられる塗りの攻防戦は相変わらず爽快w

ストーリーはオフラインのヒーローモードが続けて用意されており、タコ軍団との戦いが描かれます。今回は前作の案内人、シオカラーズが関わっているため、物語の真相も気になるところ…。

モードはバトルと違って仲間と協力してシャケと呼ばれる危険生物を倒しに行く「サーモンラン」。ローカル通信で身近な人とプレイするための施設「イカッチャ」等が追加されています。

戦闘においての変更点は多岐にわたりますが、一番は総入れ替えとなったスペシャルウェポン。あとは新ブキ種、マニューバーとシェルターが追加されました。バランスにおいては随時調整されているのでどんどん遊びやすくなっています。

以下に簡単なまとめと解説。



【良かったところ】
・協力がメインとなるサーモンラン
・ギア厳選の緩和
・フェス参加の利点追加

【イマイチなところ】
・ステージの作り
・バランス調整の甘さ
・2を冠するには物足りない新要素



【解説】
☆良かったところの解説
・サーモンランはレギュラーやガチにはない「プレイヤー同士が協力して襲い来る敵と戦う」という新モード。やられた仲間を助けたり、タゲを取って背後を狙わせたり、一緒に総攻撃して倒したりと、みんなで協力する楽しみを存分に味わうことができます。
中にはこちらの方が好きなのか最高ランクのたつじんまで到達してるのにガチはまったくやってないという方も。新たな選択肢が増えたのは非常に良い点ですねw

・前作だと偽ブランド作成は奇跡に近い確率でしたが、今回は専用のチケットを消費することでブランドに関係なく特定のギアパワーが付きやすくなるドリンクが追加されました。
また、ギアパワーが埋まったらクリーニング(お金は必要)することで埋まってない状態に戻せる上、付いていたギアパワーのかけらが手に入ります。この欠片は規定数集めることで好きなギアに好きなギアパワーを付けらえるという優れもの。よって2つ揃ったらかけら集めで3つ揃いが完成(この場合かけら30個が必要ですがw)。以前に比べたら非常に楽になったので文句なしに良い点ですね。

・フェスは以前はスーパーサザエの入手しか利点がありませんでしたが、今回はフェスTのクリーニング代が通常の10分の1になるという要素が追加されたため、かけら集めに打ってつけな、まさにお祭りとなっています。
また、サザエを使わないとギアの穴を開けられず、スロットもできなくなったので、サザエ入手という目的自体重要に(これは賛否両論)。それ以外の点ではまだまだ問題も多いですが…w


☆イマイチなところの解説
・今回のステージは前作に比べると起伏が激しいところが多く、一部のブキ(スロッシャー系等)が非常に有利になっています。また、チャージャー等が居ると効果的な位置へ敵側からも行きやすいステージが多いため、そこを活用するブキは不利に。
あと追加されたマンタマリア号以外は戦場中央までの距離が総じて短く、戦闘の展開が早いため、染められると一気に自陣深部まで攻められ打開が難しい等の問題も。後に解放するステージでバランス取るつもりなのかな…。

・戦闘バランスについては随時調整されているので改善され続けていますが、発売してすぐはジェッパトゥーンと揶揄されるほどジェットパックが壊れていました。同レベルでインクアーマーも強かったため、撃ち合いに強く強力なスプラッシュボムとジェットパックを持つスプラシューターコラボ、どこでも2確かつ強サブクイックボムにインクアーマー持ちのヒッセンが、マッチする半数以上が持っていることなどザラでした。現在ではそこは改善され、ようやくまともなバランスになったかなという感じ。テストプレイをしっかりやっていれば気付けるレベルだと思いますが…。

・2を冠するには物足りない、これは私が一番思ったことです。基本的にやることが前作と同じなので、ランクを上げなきゃいけない序盤はかなり苦痛。ガチマッチが解放されると多少楽しめるようになりましたが、同じルールしかないためやはり飽きが来ます。
現時点でもガチマッチには新ルールがなく、レギュラーマッチも新ステージでできるだけ。新ブキ種も現状2つしかありません。
開発期間が短かったのは前作発売日から見ても間違いないですが、これでは完全版と言う方が正しい気がします。次作はしっかりと変化を盛り込んで欲しいですね。



【総評】
前作で作られた斬新なデザインや爽快感は健在。一方で変化に乏しく、新要素も豊富とは言えないのが現状。

ゲーム自体は面白いので気になっている方やイカ廃の方は存分に楽しめると思います。是非手に取って、イカしたバトルを楽しみましょう!









関連記事
むそすたリストアイコン


無双スターズのトロフィーについての攻略記事です。


【前書き】
発表時から無双OROCHIシリーズのようなお祭りゲーと聞いて購入を決めていた作品。しかし時期がMHXX真っ只中という悪さでかなりの間放置。現在に至ってようやくプレイ、プラチナ取得となりましたw

詳しいゲーム紹介については↓の記事をご覧ください。
無双☆スターズ:ゲーム紹介・プレイ後感想



【トロフィー情報】
・PS Vita版とトロフィーリスト共通
・海外版はすべて別扱いの模様
・オンライントロフィーなし



それではトロフィー攻略に移ります。ネタバレ要素を含みますので注意してください。

まずはトロフィーリストを掲載。各トロフィー名をクリックするとそのトロフィーの攻略へ飛べます。

『はじめの一歩』、『素材の声が聞こえる!?』、『激烈に熱い仲』、『ランドロールガード』は他のトロフィーを狙っている過程で確実に取得できるため、個別の攻略は記載していません。


無双☆スターズ
  トロフィー名 説明 レア度
 無双☆スターズt1 プラチナ☆スター すべてのトロフィーを獲得した
 無双☆スターズt2 はじめの一歩 最初の戦いに勝利した
 無双☆スターズt3 新たなる王・環 環を新たな王へと導いた
 無双☆スターズt4 新たなる王・刹那 刹那を新たな王へと導いた
 無双☆スターズt5 新たなる王・志貴 志貴の手助けをし、泉を枯らした
 無双☆スターズt6 世界を救いし英雄たち 夜見を封じ、異世界を救った
 無双☆スターズt7 清らなる女神 夜見を浄化し、異世界が元の姿を取り戻した
 無双☆スターズt8 ただ、守るために 環を守るため、環と道を違えた
 無双☆スターズt9 奪われし記憶 異世界でも記憶を失った
 無双☆スターズt10 鬼神のほかに立つ者はなし 最強の武を証明した
 無双☆スターズt11 帰還、そして 強制送還された
 無双☆スターズt12 譲られし天下 天下を統一して譲った
 無双☆スターズt13 輝く異世界アイドル 異世界のトップアイドルになった
 無双☆スターズt14 可憐に舞う蝶 異世界のくノ一として生きることを決めた
 無双☆スターズt15 真の英雄 異世界を救うため、一芝居打った
 無双☆スターズt16 二度と会えなくとも 悪しき者を捕らえた
 無双☆スターズt17 永遠の別離 勇者の力を示した
 無双☆スターズt18 フィーバータイム 1回のバトルで無双フィーバーを3回以上発動した
 無双☆スターズt19 アクションスター 全キャラクターのアクションがすべて解放された
 無双☆スターズt20 守護霊との絆のように 合体スキルを発動した
 無双☆スターズt21 最後はド派手に 必殺技のダメージでバトルをクリアした
 無双☆スターズt22 どきどきウォッチング すべてのキャラクターの風呂場イベントをみた
 無双☆スターズt23 激烈に熱い仲 いずれかのキャラクターとの友好度が最大になった
 無双☆スターズt24 出会えた運命に、感謝 いずれかのキャラクターですべてのキャラクターとの友好度が最大になった
 無双☆スターズt25 戦いは……終わらない! いずれかのキャラクターのレベルが最大になった
 無双☆スターズt26 たーる! たるを調べた
 無双☆スターズt27 あとはもう堕ちるだけよ 聖域でいずれかのキャラクターとの3段階目の会話イベントを見た
 無双☆スターズt28 素材の声が聞こえる!? 素材を入手した
 無双☆スターズt29 世界一周10秒の旅 ストーリーモードを3時間以内でクリアした
 無双☆スターズt30 猫神さま 所持金が100000以上になった
 無双☆スターズt31 大陸踏破 ワールドマップのすべての領域を解放した
 無双☆スターズt32 無双☆スターズ is my life. すべてのストーリー・ヒーロー・ドラマティックバトルをクリアした
 無双☆スターズt33 神速 いずれかのバトルを2分以内にクリアした
 無双☆スターズt34 生きるために、私は殺す いずれかのバトルをノーダメージでクリアした
 無双☆スターズt35 頼れる仲間 1回のバトルでヒーロースキルで武将を8人以上撃破した
 無双☆スターズt36 ねこ様ランチ 1回のバトルで肉まんを10個以上食べた
 無双☆スターズt37 助けてください! 1回のバトルで味方を5回以上救援した
 無双☆スターズt38 ランドロールガード 1回のバトルで5000以上の経験値を手に入れた



アイコン凝ってて素晴らしい。何気にゴールド6もあるのにシルバー2しかないとか珍しい気がする…。

では以下に個々のトロフィー攻略を記載します。※PS4版でのプレイを元にしています



新たなる王・環

最初のキャラ選択時に「環ストーリー」と表記があるキャラを選び、キャラエンドをスルーしていけば環エンド。

条件を満たせるバトルは2つありますが、どちらでもOK。ただしバトル全クリアのトロフィーがあるため両方クリア必須。



新たなる王・刹那

最初のキャラ選択時に「刹那ストーリー」と表記があるキャラを選び、キャラエンドをスルーしていけば刹那エンド。

条件を満たせるバトルは2つありますが、どちらでもOK。ただしバトル全クリアのトロフィーがあるため両方クリア必須。

ミレニアが加入していると発生するルートは未加入ルートと同時発生しないので注意。狙う際は最初にレグリナを選ばず、ミレニアを加入させないようにしましょう。



新たなる王・志貴

最初のキャラ選択時に「志貴ストーリー」と表記があるキャラを選び、キャラエンドをスルーしていけば志貴エンド。

条件を満たせるバトルは3つありますが、どれでもOK。ただしバトル全クリアのトロフィーがあるためすべてクリア必須。



世界を救いし英雄たち

夜見ルートで「操られし巫女」をクリアせずに進め、「完全なる闇」をクリアすれば取得。

夜見ルートへの突入はどこからでもOK。環は夜見ルートに分岐エンドがあり、志貴は手順が多いため刹那がオススメ。
ただし志貴で夜見ルートへ入るとムービーが1つ埋まるので気になるなら一度はやっておきましょう。



清らなる女神

夜見ルートで「操られし巫女」をクリアし、「蘇りし闇」をクリアすれば取得。

夜見ルートはストーリーバトルがかなり多いですが、トロフィーの説明や話の内容的にすべてクリアする必要があるかも。
いずれにしても全バトルクリアのトロフィーがあるので、突入自体が面倒な夜見ルートは2周で終わるようしっかりクリアしておきましょう。



ただ、守るために

王元姫、桜花、ソフィーエンドを見るのが条件。

これは他と少々違っており、「魔物の正体」「真に望むもの」をクリア後、該当の選択肢を選ぶとED直行。

必要なキャラが多い上、加入に手間がかかるキャラも複数居る面倒なエンド。最初に趙雲を選べば王元姫+最強クラスの呂布が初期から使えるのでオススメ。



奪われし記憶

ホロウ、プラフタエンドを見るのが条件。

「記憶と真実」をクリア後に発生する「妖しき巫女・小夜」をクリアするとED。

桜花、ソフィーのどちらかを最初に選ぶともう片方を加入させるだけで狙える高速エンド。



鬼神のほかに立つ者はなし

コーエーの大好きな呂布エンドを見るのが条件。

リーダーを呂布にして10バトルクリアかつ1万人撃破を達成するとイベント発生。イベント後に発生する「最強の鬼神」をクリアするとED。

呂布は本家よりも凶悪な性能となっているので自動で達成する人も多いはず。狙うなら最初に趙雲を選び、バトル開幕無双フィーバーで1000人越えを10バトル行うのが楽。



帰還、そして

レグリナ、ミレニアエンドを見るのが条件。

「裁きの時」クリア後に発生する「魔神の娘、刻命の姫」をクリアするとED。

最初にレグリナを選び、ほのか→クリストフォロスと仲間にするだけで狙える高速エンド。



譲られし天下

織田のぶニャが、かすみ、アーナス、クリストフォロスエンドを見るのが条件。

「真実を知る者」クリア後に発生する「第六天魔王、降臨す」をクリアするとED。

最初にアーナスを選ぶとクリスも付いてくるので楽。あとはかすみ、織田を加入させるだけ。
ただし「仲間としての絆」が発生していると「第六天魔王、降臨す」に出発できないので注意。回避するにはもう1つのキーである「裁きの時」「優しき王女・環」をクリアしないこと。



輝く異世界アイドル

マリー・ローズ、ほのか、リオエンドを見るのが条件。

「異世界アイドル!?」クリア後に発生する「異世界アイドル!!」をクリアするとED。

条件は単純だが、マリー・ローズの加入時期が非常に遅いため、最初の選択はかすみ推奨。自動でほのかも入るため、あとは残りのリオを加入させればいい。私は断然マリー派ですはい



可憐に舞う蝶

井伊直虎、あやねエンドを見るのが条件。

「華やかなる戦場」クリア後に発生する「くノ一の試練」をクリアするとED。

強キャラのリュウ・ハヤブサで開始すればあやねが付いてくるので楽。あとはキーとなる数人を加入させるだけ。



真の英雄

石田三成、ダリウス、有馬一エンドを見るのが条件。

「黎明の碑」クリア後に発生する「真の英雄」をクリアするとED。

志貴ルート深部まで進める必要があるため結構面倒。有馬一を最初に選ぶとダリウスも付いてくる。
「黎明の碑」クリアの際は「鬼の首領の奇策」「華やかなる戦場」のどちらもクリアしていると夜見ルートに入ってしまうので注意。



二度と会えなくとも

ウィリアム、真田幸村、リュウ・ハヤブサエンドを見るのが条件。

「黎明の碑」クリア後に発生する「男たちの暗躍」をクリアするとED。

こちらも志貴ルート深部まで進める必要があるため面倒。最初にリュウ・ハヤブサorウィリアムを選ぶと選ばなかった方も付いてくる。「黎明の碑」クリアの際の注意点は上と同じ。



永遠の別離

趙雲、周倉、時継エンドを見るのが条件。

これはトロフィー配置順を見ても分かるように非常に特殊なエンディング。公式の取得率もエンドトロとしては異様に低い。

環ルートで趙雲、周倉、時継を仲間にする→「高め合う武」をクリア→夜見ルートへ→分岐で環・志貴側を選択→選択する英雄に趙雲、周倉、時継を入れておく→「夜見を追って~環・志貴~」をクリア→発生する「強大なる魔物と勇者たち」をクリアするとED。

上記のように今作の中ではかなり複雑な条件。おまけに時継の加入には触れないことの多い「冷然たる王子・志貴」をクリアする必要があります。桜花を選べば最初から居ますが、その場合趙雲、周倉を加入させる必要があり面倒。私は偶然たどり着いたのでラッキーでしたが、どのタイミングで狙うか考えておきましょう。



フィーバータイム

フィーバースターは最初の1つ以外は1000撃破毎に自動入手。よって1バトル中に2000撃破が必要。フィーバー中は別カウントな点に注意。



アクションスター

アクションはレベル20で全解放(全キャラ共通)。1人を集中して使えば他は拠点の練武場で上げれます。

お金が足りなければデスマッチバトル激難でフィーバー発動してクリアすれば1回5~7万稼げます。メンバーに桜花・井伊直虎・ほのか・織田のぶニャが、スキルに屍狂いを付けておけば誰でもクリア可能。経験値もかなりくるのでこれで上げても良いかも?



守護霊との絆のように

合体スキルはヒーロー確認画面で見れます。対応する2人をメンバーに入れてヒーロースキル選択で→。ニャんけんが超強力w



最後はド派手に

今作は無双が確定ヒットしない上、常時付いてくる4人が邪魔して外れることが多々あります。取れるまでは毎回狙っておきましょう。



どきどきウォッチング

見るのは共通でもOK。無双なら全キャラ全部とか普通に言ってきそうなのにスターズは優しかった…w

【風呂場あれこれ】
・使用するのは「メンバーで」戦闘に出撃した回数の多いキャラ(入れっぱなしにしておけばすぐ来る)
・風呂場使用キャラは宿舎左上に表示
・バトルクリア後、聖域に入る前ならリーダー変更可。聖域にカーソル合わせてセーブ→入って確認→タイトルに戻ってロードしてキャラチェンジ可能
・セリフ確認状況は周回でリセット。共通優先となっているため、親愛状態でも共通消化してなかったら共通が再生されるクソ仕様



出会えた運命に、感謝

友好度を上げる方法は依頼クリア等色々ありますが、一番早いのはメンバーの一番上に入れてバトルを行うこと。フィーバーも随時発動しておくと1戦でかなり上がります。他4人もそこそこ上がるので作業が嫌なら狙うキャラが居る際は常時そのキャラを使いましょう。

私はお気に入りかつ強キャラのクリストフォロスで依頼消化や領域拡大のために戦闘しまくってたら全員MAXになってましたw ただ余裕と言えるほど早くもなかったので効率的にやっていると稼ぎが必要になるかと。



戦いは……終わらない!

1キャラ目は練武場で上げることもできないため、自力で最大レベルの50まで上げる必要があります。

友好度狙いのキャラがかなりのレベルまで行くと思うので、上がってきたら難易度も上げて経験値効率を良くするなりしておきましょう。最悪デスマッチマラソンでw



たーる!

たるトロフィー出張版。拠点のたるを調べれば取得できますが、たるが出現するのはソフィーかプラフタを仲間にした後なので注意。全員ボイス付きで反応する凝り様は必見w



あとはもう堕ちるだけよ

3段階目の会話イベントは双方友好度MAXであることが条件。あとはバトルクリア後該当キャラで拠点に入るだけ。

全友好度MAXを狙ってるキャラと誰か一人で狙いましょう。片方MAXだとMAXではない方が上がりやすくなっているため、メンバーの一番上にしておけばすぐです。



世界一周10秒の旅

3時間と言われても良く分からないと思いますが、今作は周回ゲーとなっているため何度もストーリーモードをプレイする必要があります。その内の1回を3時間以内でクリアすればOK。

上記のエンドトロフィー群の中で高速エンドと書いてるのは手早くクリアできるので、それらの回収ついでに狙うと良いかと。私は井伊直虎、あやねエンドで勝手に取れましたw



猫神さま

デスマッチバトル2回で10万超えますw



大陸踏破

解放されていない領域はワールドマップを開いた時に真っ黒でバトルが1つもない場所です。減ってきてから全体地図にすると分かり易いかと。

おそらく夜見ルートに入ってかなりのストーリーバトルをクリアしないと全解放は無理です。私は最後の1つがエンディングバトルと重なってしまって絶望してましたが、ちゃんとスタッフロール中に取得できました。ホントヒヤヒヤした…。

ちなみにバトルクリア後に発生するバトル(ストーリー、ヒーロー、ドラマ問わず)はタイトルに戻るで出現場所を厳選できます。領域の解放場所や、出撃不可地域に出たヒーローバトルを強引に移動させられるのでかなり便利。


無双☆スターズ_20170920224039



無双☆スターズ is my life.

すべてのストーリー、ヒーロー、ドラマティックバトルをクリアするのが条件。

【注意点】
・システムデータが別ではないため、複数の周回やロードで条件達成は不可。よってひたすら周回することになる
・最初のキャラ選択後のバトルも含まれる可能性あり。全員1回は選んでおいた方が無難
・選んだヒーロー、及び付いてくるキャラについてはヒーローバトルが発生しない。よって別周回で回収することになる
・ヒーローバトルやドラマティックバトルは別ルートで一度クリアしていればOK
・環、刹那、志貴それぞれのチュートリアルバトルもやっておいた方が良い
・クリア状況はゲーム内で確認不可。自分でしっかり把握するかメモを取っておくこと

【環ルート】
・「明かされる真実」が2つあるがどちらもやっておいた方が無難
・「高め合う武」は夜見ルートでのエンディングのキーなため、回収する周回でやること
・趙雲、呂布、周倉、桜花、時継、ソフィーのヒーローバトルは環ルート限定
・周倉、時継加入で発生するドラマティックバトルは環ルート限定
・趙雲、ソフィー、ミレニア加入で発生するドラマティックバトルは環ルート限定

【刹那ルート】
・「裁きの時」はやる意味が薄いため、レグリナ、ミレニアエンドを見る周で回収推奨
・「仲間としての絆」発生中は刹那が登場するバトルすべてに出撃できないため注意
・ミレニアが加入していると「決戦~望む未来~」が発生せず、「守るべき光」が優先される
・織田のぶニャが、かすみ、マリー・ローズ、レグリナ、アーナスのヒーローバトルは刹那ルート限定
・ほのか、王元姫、マリー・ローズ加入で発生するドラマティックバトルは刹那ルート限定

【志貴ルート】
・真田幸村、井伊直虎、有馬一、リュウ・ハヤブサ、あやねのヒーローバトルは志貴ルート限定
・石田三成、有馬一加入で発生するドラマティックバトルは志貴ルート限定

【夜見ルート】
・「強大なる魔物と勇者たち」は特定条件を満たした環ルートから入った場合のみ回収可能
・操られた英雄達は「浄化」と付く3バトルクリアで全員再加入
・「碑の欠片~祝福~」クリアで環が再加入
・「碑の欠片~清浄なる力~」クリアで刹那が再加入
・「碑の欠片~封印~」クリアで志貴が再加入
・「操られし巫女」をクリアする周回ですべてのストーリーバトルをクリアしておくこと
・かすみ、あやね、井伊直虎加入で発生するドラマティックバトルは夜見ルート限定



神速

最初のキャラ選択後すぐに発生するバトルでも取得可能。敵の少ない趙雲がオススメ。



生きるために、私は殺す

上と同じく最初のバトルでも取得可能。

こちらならデスマッチバトルでも割と簡単に達成可能。お好みで。


no-dame-zi.jpg



頼れる仲間

モブでもカウント。誘導性能・火力共に高い志貴、当たると壊れダメージのソフィー辺りとほのか・織田のぶニャがをセットで入れると回転早くて楽。

オブジェクトが丸い拠点や無双フィーバーで一定数撃破するとオーブが貰えるので活用しよう。



ねこ様ランチ

肉まんは拠点ボス、回復拠点、ソフィーのヒーロースキルなどで入手可能。意識せずとも取れるはず。



助けてください!

これは中々面倒。バトルによっては狙っても難しいので、敵が多く苦戦しやすいバトルを選びましょう。

オススメは刹那ルートの「決戦~望む未来~」。敵が攻勢をかけてくる上仲間が散っているためかなりの人数が救援を要請してきます。難易度を下げ、育っているキャラで狙うと楽にいけるはず。






個別のトロフィー攻略については以上です。


【コンプ難易度】
コンプ難易度は☆4/10。
多くの周回が必要・難易度不問、スキル不要・作業は少々・時間がかなりかかる、以上4点を総合しての判断となります。
数年前のゲームかと間違うほど不親切なシステム面が精神にきます。お祭りゲーとしては中々楽しめただけに残念…。


【コンプ時間】
コンプ時間は110時間ぐらい。
プレイ時間表記が99:59で止まるのなんか久々に見ましたよ…w


【総評】
一段落したOROCHIシリーズの代わりとしてはあまりにも甘い作り。色々な作品のヒーローが集う新しい無双として期待していただけにがっかりです。
ただ好きなキャラが出ているならやって損はないと思います。私自身なんだかんだ楽しめたので、気になってるなら是非! トロフィー狙いの方は忍耐に自信があるならオススメですw









関連記事

musosutasyoukai1.jpg


無双☆スターズの紹介とプレイ後感想を書いた記事です。
※購入を迷っている方向けです



【ゲーム紹介】

無双シリーズを生み出したコーエーのオールスターが集う新しい無双。戦国と三国がメインだった無双OROCHIのようなお祭りゲーとなっています。

オロチの方はストーリーが一段落してしまい、アルティメットでもう追加は無理だろというぐらいの完成点に到達しました。よって新たなお祭り無双シリーズとしてこのスターズを作ったのかも。

ストーリーの始まりはオロチと似たような感じ。異世界に召喚されそれぞれの勢力に所属し、それぞれの思惑で動くというもの。英雄の人数が少ないため、オロチほど複雑ではありませんが、話の真相はまた違った感じになっています。

戦闘については根幹が無双なため、いつも通り。ですが戦場でのレベル、ブレイブや、5人1チームで残りの4人が常時付いてきて共闘してくれたり、ヒーロースキルで支援の指示も可能と、独自の要素もちゃんとあります。

以下に簡単なまとめと解説。



【良かったところ】
・お祭りならではのキャラ同士の掛け合い
・5人で組むチーム制
・最高峰のワラワラ感

【イマイチなところ】
・無双なのに周回ゲー
・敵の強引な割り込み
・世界観の小ささ



【解説】
☆良かったところの解説
・オロチの頃からある要素ですが、やはり趙雲とソフィーが話すなど、通常ではあり得ないキャラ同士の掛け合いを見るのが非常に楽しい。鬼に関わりの深い桜花が鬼と名乗るダリウスに驚くなど、キャラの個性をしっかり活かせていてニヤリとできますw
キャラ同士の親愛度が高くなればその相手と個別の会話が発生する(しかもフルボイス)ので、関りの薄いキャラは居ないと言える点も〇。オプーナだけ全ハブりを受けてるけど

・オロチ2Uでも5人選べるのは一部のモードだけでしたが、今回は5人1チームが基本。選んだ仲間はずっと付いて来てくれる上、戦闘不能にもならないため、一人で駆け回ることの多かったシリーズ作に比べて仲間が居る安心感が違いますw その仲間たちはヒーロースキルで援護させたり、一定時間操作することも可能。親愛度が高くなると操作キャラに専用の賞賛セリフを言ってくれる等の嬉しい要素も。好きなキャラだけで組めばそれだけで楽しいこと間違いなし!

・ワラワラ感はシリーズ作が進むたびに増してるような気がしますが、今回もそれは健在。1000以上は当たり前、ちょっと頑張れば3000ぐらいは楽にいきます。
また、今作の要素として無双フィーバーというものがあります。無双フィーバーを発動するとスポットライトが現れ無敵になるという強力なものですが、それと同時に雑魚がとんでもないほど湧いてきます。制限時間内なら好きなだけ狩ることができる「これぞ無双」と言えるシステム。俺杖好きには堪りませんw



☆イマイチなところの解説
・従来ではステージ選択式でしたが、今回はストーリーを追うモードしかなく(フリーもない)、クリアしたステージは消滅する(フリーステージはランダムで発生するものもある)ので自由なプレイはできなくなっています。仲間の加入状況も周回の度にリセットされるためかなり面倒。
これに限らず初作だからかシステム面は不便なところが多い(オロチ2U等の洗練されたシリーズ作に比べるといつの作品?と思うぐらい)ので、そこも期待している方は注意が必要です。

・敵の割り込みは今作最大の問題。今作の武将格の敵はヒーロースキルで割り込んでくる(高難易度だと無双も)のですが、その間は無敵なので強制的に待ち時間を持たされます。頻度は遭遇して倒し切るまでに間を持たせると1回は必ず使ってくるぐらい。おまけにヒーロースキルには追加効果があるのがほとんどなため、従来の無双での割り込みより性質が悪い。その効果の中には「一定時間完全無敵」「一定時間戦闘不能にならない」というアホかと言いたくなるものも(仲間にすれば自分も使え、強化効果を解除するスキルもあるが、見かけると溜息が出るぐらい鬱陶しい)。しかも空中でも発動してくるためお手玉での封殺も不可(しない時もある。なお、こちらは空中無双不可)。もう少し頻度を下げるぐらいはして欲しかった…。

・オロチシリーズをプレイしているためか、世界観の小ささは非常に残念に感じました。あちらは英雄の数が100どころではなく、それぞれ所属もバラバラで、元の世界での立ち位置とオロチ世界での立ち位置が全然違うキャラも居ました。それを見て「このキャラの元の世界での立ち回り見て見たいな…」と思うこともあったのですが、こちらではまったくありませんでした。異世界の原住民でまともなのは4人しかおらず、あとは全部モブという点も小ささに拍車をかけています。オロチシリーズのような壮大な話を期待していると肩透かしを食らうかもしれないので注意。




【総評】
スターが集う新しい無双のお祭りゲー。初作なので荒はありますが、今後を期待させる出来にはなっています。
好きなキャラが居る方やお祭り無双がやりたい方にはオススメできる作品なので是非!









関連記事
管理人の一言
どうも、自称ゲーマーのナイトですw
更新頻度は低いですが、その分質の良い記事を書くよう心掛けてます。

無断転載全面禁止。リンクはフリーなのでお気軽にどうぞ!


【現在のゲーム事情】
☆プレイ中
ペルソナQ2 ニューシネマラビリンス
ゴッドイーター3
大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル
アサシンクリード オデッセイ
モンスターハンター:ワールド

☆アプデ・DLC待ち、継続検討中
ゼノブレイド2

☆オントロ協力者待ち
TR DE

☆プレイ中(ソシャゲ)
グラブル、デレステ
検索フォーム
カテゴリ一覧
総アクセス数
最新記事
最新コメント
ツイッター
月別アーカイブ