※今記事はブログを始める前に書いていたものなので、現在とは書き方がかなり違う点に注意





前作と同じ黄昏へ向かう世界が舞台の今作。調合システムが前作から更に簡単に、そして奥深くなり、戦闘が前衛3人+後衛3人の計6人参加できるようになるなど、多くの進化を遂げています。おまけにキャラクターモデルもより綺麗になった気がします。これがコーエーの力かw

プレイ後の感想としては、アトリエシリーズの中でもメルルに次ぐ完成度の高さだったと思います。私はアーシャの後にトトリPlusとメルルPlusをやったため、完全新作のアトリエが久しぶりだったので激ハマりしてしまいましたw
唯一惜しい点は、なぜかストーリーの進行がロロナ方式になっている点。これだとやることなくなった時異常に暇になるので困るんですよね…。それ以外の不満は特になかったです。

トロフィーに関しては非常に簡単。2周必須な点は厄介ですが、キャライベントの起こし方さえきちんと把握していれば特に気にするところがないくらい簡単です。

では以下に個々のトロフィーについてアドバイスを。


キャライベント・キャラエンド関連
今作では他シリーズと違って交友値というものが見えませんが、存在はしています。キャライベントを起こすには交友値を上げないといけません。
交友値を上げるには、前衛か後衛に入れておく必要があります。控えに入れてしまうと上がらなくなるようなので注意。ちなみに後衛よりも前衛の方がよく上がります。
なので「7人になったらサブ主人公を控えにする」。この1点さえ守れば問題なくキャライベントは進行できると思います。今作で注意する点はここだけと言ってもいいですね。


『戦いは任せろ』
Lv99までの道のりは結構長いですが、オススメなのがダイアフラムと0日戦闘。
ダイアフラムには「やきつくす」という敵を一撃で倒す可能性のある主効果を付けられるのですが、これに永久機関と潜力で超強化を付けるとほぼ確実に一撃で倒せます。
あとは「敵に体当たりで戦闘開始した時サブ主人公の行動順が一番初めになるように素早さを調節し、ダイアフラムを投げる」だけ。
一撃必殺と永久機関でも代用が効くと思いますが、ダイアフラムなら「攻撃演出が早い・調合時に圧縮調合を使えば装備コスト1になる」という利点があるためこちらの方がオススメ。
ちなみに0日戦闘とは主人公に行動順が回る前に敵を全滅させることでタイムゲージを増加させない、シリーズ経験者にはおなじみの小技。
※研究の「先手必勝ロジカル」に投資してしまうとこの0日戦闘はできないので注意


『大いなる勝利』
強化版ラスボス撃破で取得。
4年目に貰えるレシピで作れるアイテムがチート級の性能なのでそれをダブルドローダメージレート200%超えで撃ち込めば余裕です。
ちなみに私は1周目に最大強化で倒しましたが、その場合だと作り込んだ四極天の知恵書200%超えでも耐えたので、トロ狙いなら強化は一段階にしておくのが無難ですw
あと強力な回復アイテムであるエリキシル源薬ですが、DLCマップで入手できるようになっているので4年目に入ったらすぐ取りに行くといいかも。
1周目で倒したいなら主人公をエスカにしておくと、ロジーの時より強力なアイテムが作れるため楽になります。


トロフィーについてはこんなところですね。


コンプ難易度は、2周必須・強敵を倒す必要あり・時間は普通くらい、以上3点を考慮し☆3。

コンプ時間は168時間。DLCボス全撃破やモンスターリストコンプ(強敵調査で出会える敵含む)とかしていたので相当長くなってますw

黄昏シリーズは簡単なのでアトリエ初心者にもオススメ! ゲームとして面白く、トロフィーも簡単なので気になった方は是非プレイしてみて下さい!









管理人の一言
どうも、自称ゲーマーのナイトですw
更新頻度は低いですが、その分質の良い記事を書くよう心掛けてます。

無断転載全面禁止。リンクはフリーなのでお気軽にどうぞ!


【現在のゲーム事情】
☆プレイ中
アサシンクリード オデッセイ
モンスターハンター:ワールド

☆アプデ・DLC待ち、継続検討中
ゼノブレイド2

☆オントロ協力者待ち
TR DE

☆プレイ中(ソシャゲ)
グラブル、デレステ
検索フォーム
カテゴリ一覧
総アクセス数
最新記事
最新コメント
ツイッター
月別アーカイブ