スマブラSP 紹介


大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャルの紹介とプレイ後感想を書いた記事です。
※購入を迷っている方向けです



☆ゲーム紹介

独特なシステムとメーカーの垣根をも超えたキャラクターたちが大乱闘を行う大人気シリーズの最新作。

シリーズ通したストーリーはないですが、今回は一人用モードに用意されています。

大乱闘は8人まで選べるようになりました。かなりカオスだけどこれぞ大乱闘って感じですw

以下に簡単なまとめと解説。



☆良かったところ
・薄れた「ウザさ」
・耐久力の上昇
・キャラ数の多さ

☆イマイチなところ
・相変わらず遅すぎるゲームスピード
・要求テクニックの低さ
・調整の甘さ



【良かったところの解説】
・私は64からやっており、DXを神ゲー判定してますが、X以降は凡ゲー以下だと思ってます(X以降も全てプレイ済み)。
その理由として、X、WiiUの時は非常にウザいシステムが多くありました。例としてはシンプル最高難易度での枷、オールスターでのこちらに理不尽な仕打ち等々。
しかし今回はそのウザさがかなり薄れました。勝ち上がり乱闘では少ないお金だけでコンティニューでき、クリアゲッターでは意味不明なレベルのやり込みは要求してこなくなった等。
ゲームの根幹部分でのストレスが軽減されたのは非常に大きいですね。まだまだDXのように何やっても楽しいってレベルではないけど…w

・今回は明らかに耐久力が上がってます。カービィとか多少デカい攻撃貰うとすぐ星になってましたが、今回は100%超えても耐えますw 重いキャラなら平地でも200%超えて戦えるレベル。
1試合が長引くというデメリットもありますが、吹っ飛ばし力さえあれば勝ちみたいな前作に比べるとメリットの方がデカいと思います。

・初期実装69体(任天堂公式サイト、ファイターページの数字)というキャラ数の多さ。多ければ良いというものでもないですが、やはりこの多さは圧巻w
新規もバラエティ豊か。作品として大きく名を上げたスプラトゥーンからインクリングがしっかり参戦している辺りも流石w 元からして作品の垣根を越えたお祭りゲーなので、様々なキャラが見れるのは楽しいですね。



【イマイチなところの解説】
・DXの圧倒的なスピード感とそこから生まれる駆け引きの熱さが好きだった私としてはX以降遅すぎると言わざるを得ない。今回もX以降と同じく遅すぎますね。
ジャンプふわふわしてて狙った通りに当たらないしダッシュ遅いし攻撃も遅い。対戦ゲーというよりはパーティーゲーとして楽しむべきなんだろうなぁ。

・DXではダッシュからの小ジャンプで高さを調節して飛んでる相手へ追撃したり、アイテムキャッチ一つにしてもしっかりとした入力が必要でしたが、X以降はゆるゆる。
何押してもアイテム取るし、ジャンプふわふわしすぎて小ジャンプも何もない。これもさっきと同じくパーティーゲーとして見るべきなんだろうなぁ。

・キャラ数が多すぎるので仕方ないですが、すでにいくつもの「0%からのワンコン」が発見されています。前作もクラウド、ベヨネッタ等DLC勢がアホみたいな調整だったのに…。
このイマイチ3点を見ても分かるように、対戦ゲーを求める人が買うゲームではないので注意しましょう。




☆こんな方にオススメ!
・お祭りゲー好きな方
・パーティーゲー好きな方
・多くのリア友とわいわい楽しみたい方




☆商品リンク(Amazon)



大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch










連絡及び注意事項
☆注意事項
・無断転載は全面禁止
・リンクはフリー。気軽にどうぞ
・暴言、煽り、晒しなどの悪質なコメントは即刻削除の上、即時アクセス禁止といたします
→場末のブログなので厳しめ。賑わってきたら緩和も考えます
クリック広告
プレイ中のゲーム
オントロ協力者募集中のゲーム
検索フォーム
カテゴリ一覧
総アクセス数
最新記事
最新コメント
クリック広告
プレイ予定ゲーム(新作優先)
プレイ済みゲーム(直近3作)
クリック広告
ツイッター
クリック広告