GoWリストアイコン


ゴッド・オブ・ウォーのトロフィーについての攻略記事です。


【前書き】
2日でやり込み含めて終わるシリーズとのイメージが強いゴッドオブウォー。しかし今作は「新生」を掲げ、オープンワールド風味な探索物へと変貌し、クオリティも数段上がりました。美麗な神話の世界を探索できる点は個人的にストライクでしたね~。

もちろん問題点もそれなりにありますが、その辺りの詳しいゲーム紹介については↓の記事をご覧くださいw
GoW:ゲーム紹介・プレイ後感想


【トロフィー情報】
・トロフィーリストは全言語共通
・オンライントロフィーなし
・時限トロフィーなし
・難易度縛りトロフィーなし



それではトロフィー攻略に移ります。ネタバレ要素を含みますので注意してください。

まずはトロフィーリストを掲載。各トロフィー名をクリックするとそのトロフィーの攻略へ飛べます。

『旅立ちの時』~『亡き母の願い』についてはストーリークリアまでに確実に取得できるため、個別の攻略は記載していません。

『ルーンの力』は他のトロフィーを狙っている過程で確実に取得できるため、個別の攻略は記載していません。


God of War
  トロフィー名 詳細 レア度
 gowst1.png 父と子の絆 すべてのトロフィーを獲得する
 gowst2.png 旅立ちの時 謎の男を撃退する
 gowst3.png 新たな隣人 魔女の森を抜ける
 gowst4.png 我が家が一番 光のエルフが神殿に戻れるようにする
 gowst5.png ドラゴンスレイヤー 山のドラゴンを撃退する
 gowst6.png 厄介な結末 マグニとモージを撃退する
 gowst7.png 忌まわしき過去 ブレイズ・オブ・カオスを手に入れる
 gowst8.png 果たされた約束 アトレウスを治療する
 gowst9.png ラウンド2 アトレウスを助け出す
 gowst10.png 過去の呪縛 ヘルヘイムから船で脱出する
 gowst11.png 黄昏の兆し バルドルを撃退する
 gowst12.png 亡き母の願い 母親の遺灰を山頂で撒く
 gowst13.png 完璧主義者 湖のあらゆる場所を探索する
 gowst14.png トロールが守りし宝 ヴェイサーガルズにいるトロールを打倒し、宝を得る
 gowst15.png これでトリリンガル ムスペルヘイムとニヴルヘイムの言語を習得する
 gowst16.png ドワーフの妙技 防具を改良する
 gowst17.png ルーンの力 ルーンアタックの宝珠を手に入れる
 gowst18.png イズンの恵み 体力を最大まで強化する
 gowst19.png かんしゃく持ち レイジを最大まで強化する
 gowst20.png ドワーフによる特注品 アトレウスの防具を作成する
 gowst21.png 呪力の守り 防具に呪力を施す
 gowst22.png 屍の山を築きし者 敵を1,000体倒す
 gowst23.png 舞い戻った大空の覇者 すべてのドラゴンを解放する
 gowst24.png まるで水と油 ブロックとシンドリからの依頼をすべて完了する
 gowst25.png 宝の収集家 全ての宝を手に入れる
 gowst26.png 万物の神からの解放 オーディンの鴉をすべて倒す
 gowst27.png ルーンの真価 いずれかのルーンアタックを最大まで強化する
 gowst28.png 受け継ぎし斧 リヴァイアサンを最大まで強化する
 gowst29.png 全てを滅する刃 ブレイズ・オブ・カオスを最大まで強化する
 gowst30.png トラベラーを屠りし者 トラベラーの防具一式を手に入れる
 gowst31.png 古の民を屠りし者 古の民の防具一式を手に入れる
 gowst32.png もう思い残すことはない 亡霊の願いを全て叶える
 gowst33.png トレジャーハンター 宝の地図に書かれている宝をすべて見つける
 gowst34.png 偽りなき真実 三連画をすべて発見する
 gowst35.png 灼熱の試練の覇者 ムスペルヘイムの試練をすべて達成する
 gowst36.png 霧の世界の覇者 工房の中央の部屋にある宝をすべて手に入れる
 gowst37.png 戦場の乙女の解放者 9人のヴァルキュリアを全員倒す


トロアイコンは死ぬほど手抜きだったシリーズですが、なんと遂に個別化! こちらも「新生」ということなんですかね~w

では以下に個々のトロフィー攻略を記載します。



完璧主義者

ミズガルズの九界の湖のロケーションすべてに訪れると取得。

ストーリー進行で水位が二段階下がった後の場所も必要ですが、基準が曖昧な模様。取れない場合は見落としがあるのかも。

ちなみに最初期にはバグがあったようですが、今はアップデートにより解消されています。DL版なら購入時点までのアプデは自動適用ですが、現物の場合注意。



トロールが守りし宝

ヴェイサーガルズはストーリーでは訪れないエリア。いくつかの収集物やドラゴン等の目的で行くことになります。

トロールはルーンを4つ合わせて開く大扉をくぐり、最深部にある装置を起動すると出てきます。



これでトリリンガル

ムスペルヘイム、ニヴルヘイムの言語盤を完成させると取得。

言語盤の欠片は「仮面の付いた宝箱」から出現しますが、固定ではない模様。設置数には余裕があり、分かりやすい場所に置いてあるので見かけたら忘れずに開けておきましょう。



ドワーフの妙技

ドワーフの店で防具をアップグレードすると取得。すぐに可能なはず。



イズンの恵み かんしゃく持ち

前者はイズンのリンゴ、後者は血の蜜酒を9個集めると取得。

両者共に「ノルンの宝箱」に入っています。場所は固定ではなく9個揃うまで優先的に入手。

ノルンの宝箱を開ける方法は、設置されたルーン文字を3つ破壊する、制限時間内にルーン文字の鐘を3つ鳴らす、ルーン文字の刻まれた風車の文字を揃えるの3種。すべてそう遠くない位置に置いてあります。

ちなみに体力は生命力を上げることでも上限が上がりますが、このトロフィーには無関係。



ドワーフによる特注品

ドワーフの店でアトレウスの防具をクラフトすると取得。



呪力の守り

呪力は他ゲーで言う装飾品、ジェムと言った類のもの。

ストーリー進行で入手できるため、取り損ねることはないはず。初めて入手したらチュートリアルが入ります。

DLデラックス版を買えば最初のトロフィーにすることも可能。



屍の山を築きし者

ゲーム内に同条件のタスクがあるため数値確認可能。

ムスペルヘイムの試練でかなりの数倒すことになるので稼ぎは不要だと思います。万一必要でも試練繰り返してたらすぐ終わるかと。



舞い戻った大空の覇者

ストーリーのドラゴンは無関係。鎖で繋がれている3体のドラゴンを解放すると取得。対応のサイドクエストが全員にあります。

・ヴェイサーガルズの「オッタル」
・コヌンスガルズの「レギン」
・アルフヘイムの塔北側の浜辺から行ける場所に「ファヴニール」(※グルヴェイグのサイドクエで上陸する)



まるで水と油

ブロックから2、シンドリから2、両者から1のサイドクエストをすべてクリアすると取得。

彼らとはよく会うためサイドクエストを見逃すことはないはず。最後のクエストはストーリー進行で両者が揃うテュールの神殿でのみ受けられます。

ちなみにニヴルヘイムのシンドリのサイドクエストは関係ありません。



宝の収集家

ゲーム慣れしてる人ほど宝箱だと思いがちですが、実は工芸品の方。宝箱のトロフィーないのは衝撃でしたね…。

この収集物はエリアが固定なので分かりやすく、ある程度探索していると発見できるので、私が見落としてた分だけ表記しておきます。

・ミズガルズ・森:半分ほど見落としてましたが、チュートリアルでシカ追ってる時に道逸れるなんてできなかっただけw 同じ方はおとなしく探索し直しましょう
・アルフヘイム:再度下へ行くには湖中央の砂の台座から向かいます。装置で足場を下げて進む先の独房内の物を見落としてました
・ヘルヘイム:隠し部屋入口と内部に1つずつあります



万物の神からの解放

すべてのオーディンの鴉を撃破すると取得…なのですが、51体倒すタスクの達成が条件の模様。

というのもバグなのか分かりませんが、私は取得後に2体倒したので計53体存在を確認してるんですよねw トロフィー取得時ヘルヘイムの達成率未達でした。もしかすると余裕を持たせてるのかも?

鴉の近くに行くと特徴的な鳴き声が聞こえます。聞こえたらそこから撃破可能なので、探索中に出くわしたらできるだけ倒しておいた方が良いかと。

あとはミズガルズ・川沿いの道は再探索がかなり面倒なのでストーリー進行で埋めておいた方が良いということ、オーディンの隠し部屋内には必ず1匹居るということは覚えておいて損はないでしょう。

おまけの情報。大体の人が最後に残るであろうヴァルキュリア撃破。最後の1体を撃破するとリヴァイアサンの斧の□投げの速度が異常なほど上がる柄が手に入ります。あったらこっちの収集に便利かもなーとか思ったり…(誰も先にやらんかw)



ルーンの真価

XPは多分普通にやっててもかなり余るので取れなくなることはないかと。不安ならセーブ後に強化してロードで先に取っておきましょう。



受け継ぎし斧

同条件のタスクがあるので進行状況確認可能。

基本的にボス戦後のドロップで入手できますが、取り逃した場合はドワーフの店で回収可能。

最後の1つはニヴルヘイムのイーヴァルディの工房中央の部屋、霧のこだま5000が必要な伝説の宝箱に入っている「ニヴルヘイムの氷霧」をドワーフの店で交換すると手に入ります。



全てを滅する刃

同条件のタスクがあるので進行状況確認可能。

基本的にボス戦後のドロップで入手できますが、取り逃した場合はドワーフの店で回収可能。

最後の1つはムスペルヘイムの山頂に居るヴァルキュリア「ゴンドゥル」がドロップします。かなり強いので準備はしっかりしておきましょう。



トラベラーを屠りし者

トラベラーを倒して資源を集め、上半身・腕・下半身の防具すべて作成すると取得。

トラベラーとはそこそこ戦いますし、場所によっては復活もするので問題ないかと。



古の民を屠りし者

古の民を倒して資源を集め、上半身・腕・下半身の防具すべて作成すると取得。

古の民は絶対数が少ないですが、取り逃しても店で回収できますし、資源は売れないので問題ないかと。



もう思い残すことはない

亡霊のサイドクエストは5個。ほとんどが九界の湖が舞台となります。

・心残り(水位一段階低下後に可能。各所の島のかがり火で開始可? 水位二段階低下後は回るのが面倒な場所あり)
・堕ちた槌(水位一段階低下後に可能。岩場の大滝で開始)
・死の積荷(水位二段階低下後に可能。忘れられし洞窟で開始)
・小さな希望(石工の運河先の島。メイン進行中に目にする)
・時は最良の薬(シンドリのサイドクエ「因縁」進行中に発生)



トレジャーハンター

宝の地図及び宝、全12種回収で取得。

以前は地図無しでも収集できたようですが、現在はアップデートすると地図入手後しか収集できないようです。トロフィーバグもあるのでアプデはしておくのが無難でしょうね。

☆地図→宝
・ヴェルンド鉱山→鴉の崖
・見張り塔→ヴェイサーガルズ
・魔女の洞窟→魔女の家前
・岩場の大滝→死の島
・鋼の入り江(水位二段階低下)→ブーリの貯蔵庫
・石工の運河→光のエルフの拠点
・忘れられし洞窟(水位二段階低下後)→ノースリの砦
・古の民の遺跡→ファヴニールの貯蔵庫
・ランドスーザル鉱山→湖のトール像足元
・ファヴニールの貯蔵庫→山(オーディンの顔付近)
・山→ヴァルキュリア審議室
・ノースリの砦(賊の船の船倉内)→ヴァルキュリア審議室近く



偽りなき真実

三連画は全部で11。目立つので設置エリアのみ表記しておきます。並びは登録順です。

・川沿いの道
・ヴェイサーガルズ
・森
・山
・テュールの神殿(内部。終盤)
・アルフヘイム
・九界の湖(ヴァナヘイムの塔内)
・コヌンスガルズ
・ムスペルヘイム
・サムールの亡骸
・九界の湖(トール像足元)



灼熱の試練の覇者

山頂までの5つの試練×2(ノーマル、ハード)クリア→ヴァルキュリア撃破→再度山頂までの5つの試練の内3つクリア→山頂の試練クリアが条件。

・敵即回復(スタン指示)は崖下に落とす方が楽。崖際におびき寄せて素手ダッシュ□一発で消える。落ちなかったら回避□やダッシュ□を繰り返して無理やり落とす。結構楽しいw
・敵100体撃破ではキル系のタスクが簡単に狙える。はりつけとか普通にやってたら無理ゲー。トロフィーには関係ない
・ノーダメージは配置と攻撃パターンを覚えるしかない。アトレウスメインでやると楽
・ヴァルキュリア「ゴンドゥル」はかなり強い。パワーレベル6で倒したが、何度も再挑戦した。最低でも7、余裕が欲しいなら8にしておいた方が良い
・再度クリアする3つは2~5ならどれでも良い。1だけはノーダメージの高難度版なので無視推奨
・最後の試練である6はランダムで、ノーダメージもある。挑戦前にセーブしてそれ以外が出るまでロードした方が良いだろう



霧の世界の覇者

霧の工房とはニヴルヘイムのイーヴァルディの工房のこと。最初のサイドクエストで行けるようになる場所が工房の中央の部屋。

☆全体
・ニヴルヘイムでは「自動生成ダンジョンに潜ってアイテムを収集し、制限時間内に戻って来る」のが主な目的
・制限時間はニヴルヘイム専用の素材を使用した装備で延長、回復手段を用意することが可能。潜った分だけ楽になる
・まずは工房の霧のこだま2500で開けられる宝箱から手に入る呪力「ニヴルヘイムの目」を取ると良い。これだけで大分違う
・後は防具2つぐらい用意すればかなり楽になる。私はリヴァイアサンの柄、護符もフル強化したが、ここまでやるとゲージ半分切ることはまずなくなる。時間をかけても安心が欲しいならやっておくと良い

☆探索
・構造はある程度決まっているため何度か潜って覚えよう
・右回りだとボス部屋が近いのでオススメ。濃霧の掟はボス部屋の伝説の宝箱からしか出ない
・宝箱は開けた数で中のこだまの数が増えるようになっている。大量に欲しいなら全部屋回ろう
・道中のノルンの宝箱は鐘。周囲に必ず3つある。像の足元や遠い場所にある鐘はかなり上に標準を持っていかないと当たらない
・最初の部屋のノルンの宝箱は風車の文字を揃えるパターン。ダンジョン内に3つ散らばっている。右ルートに1つ。左ルートに2つ。ある程度のパターンはあるがいずれにしても暗記必須
・全部屋回ると多い時で7400を越えた。5000ぐらいが最低保証

☆戦闘
・パワーレベル8の敵がゴロゴロ出てくるため、最低でも7にはしておくこと。探索どころではなくなる
・リヴァイアサンはアイストロールの怒り、グレイヴの嵐がオススメ。アイストロールは戦闘エリア中央まで走っていき最大溜めブッパで雑魚は消え、強めの敵も凍結+大ダメージ。グレイヴは自動追尾の大ダメージなので、消したい敵を目の前に据えて使えばほぼ倒せる。厄介な相手に
・ブレイズは基本不要。使うならメテオスラムブッパぐらいで良い。ここではリヴァイアサンが優秀すぎる
・出てくる敵の種類はある程度決まっている。最初の部屋でレヴェナントが出るようなら以降も沸きまくるので出るのも視野に
・ヴァルキュリアは辺鄙な場所に居るためか弱め。パワーレベル7でも楽に勝てるかも? 倒したらゲージが大幅か全回復するので戦闘に集中しよう。戦闘直前に装備を変更すると良い

☆工房の中央の部屋
・宝箱だけではなく、裂け目コンプも必須なため莫大なこだまが必要になる
・総数なんと68500。これだけで考えても10周以上が必要。作業がほぼない今作で唯一の作業要素と言えるかもw
・こだまの獲得量は難易度の影響を受けるようなので、敵を楽々倒せるようになったら上げてみるのもあり



戦場の乙女の解放者

今作の裏ボス集団であるヴァルキュリア全員を倒すと取得。

居場所はクリア後にすべてマップ表記されます。ムスペルヘイムとニヴルヘイムの2体以外はオーディンの隠し部屋の先に居るので、まずは扉を探してみましょう。

☆全体
・敵の強さは体力ゲージの色で分かる。紫はさっさと諦めた方が無難。最低でもオレンジになるようパワーレベルを調整しよう。黄色にできれば勝ち確定クラス
→8であれば最後のヴァルキュリア相手でも大分楽に戦える
・ヴァルキュリアにも強さの強弱はある。倒せない場合は別のヴァルキュリアへ挑んでみると良い
・ドロップ品は倒した数で変化する模様。一部固定もあるかも

☆戦闘
・ゴリ押しは基本的に難しい。回避不能範囲技も多く持つため対策を知っておかないと対処できない
・私の取った戦法→開幕リヴァイアサンのアイストロールの怒りMAX溜め→グレイヴの嵐→ブレイズにチェンジしてギフト・オブ・アポロ→ランページ・オブ・フューリー→ランページが溜まったら即時使う→体力が減ってきたらスパルタン・レイジ→切れるちょっと前ぐらいにラタトスク召喚(雷。レベル最大)→出た石使ってレイジ回復してまたブッパまでは確実に決まる。合間合間にアトレウスの矢も連射しておくこと。あとはすべてのルーンを適宜使いながら戦えば勝てるはず。無理ならパワーレベルを上げよう。今作の戦闘はパワーレベルがすべて
・装備や呪力もパワーレベル優先で決め、8を切らない程度に必要な物を入れていくと良い。固有能力を持つエピック系の呪力はかなり強いので優先的に
→破損した星霜の籠手はレベルMAXで呪力孔3になるので最早必須。ドラゴンの涙の1つは終盤の忘れられし洞窟で回収可





個別のトロフィー攻略については以上です。


【コンプ難易度】
コンプ難易度は☆4/10。
時限はなく、作業も少なめ。収集物こそ多いものの、達成率などの表示がゲーム内にあり快適に収集可能。
唯一ヴァルキュリアだけボタン連打では倒せず、全体の時間も少々かかるので☆4とさせていただきました。


【コンプ時間】
コンプ時間は約50~60時間(プレイ時間表記がない)
トロフィーに関係ないことも結構やってたので長い方だと思います。



【総評】
ゲームとしての面白さや快適さは間違いのない良作。

時間がかかりすぎるわけでもなく、トロフィーも簡単。充分気軽に手を出せる範囲だと思うので、気になったなら是非やってみてくださいw










God of War紹介


ゴッドオブウォーの紹介とプレイ後感想を書いた記事です。
※購入を迷っている方向けです



【ゲーム紹介】

昔、デビルメイクライや鬼武者のような雰囲気と聞いて興味が沸き、プレイしたタイトル。

以前はB級を絵にかいたようなゲームで、やり込み含めても短時間で終わることから気軽に手を出せるアクションゲームとして人気だったシリーズ。

しかし今回で新生を掲げ、ナンバリングやサブタイトルすらない状態で発売。探索もできるとのことから離れていた私も手を出してみましたが、「新生」の文字通りゴッドオブウォーとは思えない作品になっていました。

今までは一本道だったのが探索要素が追加され、さながらオープンワールドのような作りに。謎解きは健在で、収集要素も大幅に追加。手軽さはなくなってしまったものの、ゲームとしての質はかなり向上しましたw

戦闘はやれることがかなり多く大変ですが、慣れると色々な戦い方ができて楽しい。カスタム要素やハクスラっぽい要素などもあるのでやり込みだすと更に幅が広がりますw

では以下に簡単なまとめと解説。



【良かったところ】
・美麗な神話の世界を旅できる
・作り込まれた探索要素
・豊富な戦い方が可能な戦闘

【イマイチなところ】
・「CERO:Z」に相応しいグロさ
・敵のゴリ押し
・OWにしては微妙に面倒な要素



【解説】
☆良かったところの解説
・探索に目がない私としては最大の評価点。世界が非常に美麗で、眺めているだけでも楽しい。景観の美しさに力を入れてるなぁと分かるぐらい全ての場所が絶景と言えますw また、水没していた建造物などはコケや水草がついており、それがあまりにリアルでこれどうやって作ったんだ…と感心してしまいました。こちらに期待している場合間違いはないはずですw

・探索要素においても文句なし。気になる場所には何かしら必ずあるので探索するのが楽しくてしょうがないw エリア毎の収集物も個数・パーセント表示が共にあるため探すのも快適。100%になった時のやったった感は中々のものですw

・戦闘は本当にやれることが多いのですが、ストーリーが進むごとに増えていく感じなので追いつけないほどではないです。それらを巧みに操って敵を倒したときはよし!と言ってしまうこと間違いなしw 装備が揃ってくるとどの戦い方をメインにするかバランスを取るか等も考えられるようになるのでやり甲斐はかなりのもの。



☆イマイチなところの解説
・これは洋ゲーなので仕方ないとしか言えないかなw ただ斬り飛ばす等と若干ベクトルが違うグロさがあります。それはある程度慣れてきた私でも目を逸らすほどでした。ネタバレになるので書きませんが、嫌な予感がする方は止めておいた方が良いかも?w まぁ一度だけで時間も僅かだとは伝えておきます。

・ストーリーを進める程度ならそこまで気にはなりませんが、やり込みとなるとこの要素が目立ってきます。特に強敵と言われる存在は攻撃速度が速く、回避の難しい掴みで大ダメージを与えてきたりと顕著。そういった存在との戦いはやり込みの集大成ですし、理不尽すぎるわけでもなかったと思いますが、私はストレスの方が勝りましたね。

・細かな点ではありますが、一部の場所(昇降機等)での移動時間がやけに長い場所があります。この時は何もできないのでロードでもないのにただ待つだけで若干ストレスが溜まりましたね。できるだけ避けてましたw
スキップトラベルも可能ではありますが、ストーリーを進めないと解放されません。できるようになっても点在するポイントまで行かないとできないため若干面倒。日本製だと当たり前ですが海外なのにこれは珍しいかも?
そのスキトラでの移動の際、ドラクエXIで聞いた「井戸ルーラ」が採用されてて笑いましたw これも動けるけど待つだけなので必要なかった気はする。暗転ロードのTIPS見れた方が良かったw



【総評】
「新生」「約束された“神”ゲー」とのキャッチコピーに勝るとも劣らない出来の良作。

以前までのゴッドオブウォーが好きだった方にはコレジャナイ感があるかもしれませんが、ゲームとしての質は間違いなく上と言えます。

神話好きや探索好き、面白いゲームを求めている方にはオススメできる作品なので、気になったならグロに注意しつつプレイを検討してみてくださいw









管理人の一言
どうも、自称ゲーマーのナイトですw
更新頻度は低いですが、その分質の良い記事を書くよう心掛けてます。

無断転載全面禁止。リンクはフリーなのでお気軽にどうぞ!


【現在のゲーム事情】
☆プレイ中
アサシンクリード オデッセイ
スプラトゥーン2

☆アプデ・DLC待ち、継続検討中
モンスターハンター:ワールド
ゼノブレイド2

☆オントロ協力者待ち
TR DE

☆プレイ中(ソシャゲ)
グラブル、デレステ
検索フォーム
カテゴリ一覧
総アクセス数
最新記事
最新コメント
ツイッター
月別アーカイブ