MHWリストアイコン

モンスターハンター:ワールドのトロフィー(勲章)についての攻略記事です。


【前書き】
勲章コンプ9作達成している私にとって避けては通れない毎年の精神修行となりつつあるMHシリーズ。
今作、ワールドは久しぶりにソニーハードで出る据え置きのMH。作っているのが再クソ作4Gを生み出したチームと聞き、若干の期待と多大な不安を胸にプレイ。するとそこにあったのは正統進化したモンスターハンターでした。荒や足りない部分も多いけど、確実に楽しいと言える出来。まさかMHでそう思う日が再び来るなんてなぁ(泣 勲章コンプ後もまだまだガッツリやってますw

詳しいゲーム紹介については↓の記事をご覧ください。
MHW:ゲーム紹介・プレイ後感想


【トロフィー情報】
・海外版のトロフィーリスト共通
・オンライントロフィーあり



それではトロフィー攻略に移ります。ネタバレ要素を含みますので注意してください。

まずはトロフィーリストを掲載。各トロフィー名をクリックするとそのトロフィーの攻略へ飛べます。

『ハンターライフの幕開け』~『導きの青い星』についてはストーリークリアまでに確実に取得できるため、個別の攻略は記載していません。

『探求の心』、『腕試し!』、『環境利用は狩人のたしなみ』、『歴戦のモンスター』、『ミニチュアクラウン』、『ミニチュアコレクタークラウン』、『ビッグクラウン』、『ビッグコレクタークラウン』、『はじめての生け捕り』、『モンスタースレイヤー』、『仲間と共に』は他のトロフィーを狙っている過程で確実に取得できるため、個別の攻略は記載していません。



モンスターハンター:ワールド
  トロフィー名 説明 レア度 オン
 MHWt1.png 新大陸の覇者 「モンスターハンター:ワールド」のすべてのトロフィーを解除した
 MHWt2.png ハンターライフの幕開け ★2のクエストに挑戦できるようになった ×
 MHWt3.png 調査の進展 ★3のクエストに挑戦できるようになった ×
 MHWt4.png 拠点の守護者 ★4のクエストに挑戦できるようになった ×
 MHWt5.png さらなる深部へ ★5のクエストに挑戦できるようになった ×
 MHWt6.png 安らかに眠れ ゾラ・マグダラオスの誘導に成功した ×
 MHWt7.png 大地の恵みと美しき女王 ★7のクエストに挑戦できるようになった ×
 MHWt8.png 激闘の勝者 ★8のクエストに挑戦できるようになった ×
 MHWt9.png 導きの青い星 古龍渡りの謎を解明した ×
 MHWt10.png ハンターライフはやめられない! 「フリークエスト」を50回クリアした ×
 MHWt11.png 探求の心 初めて「調査クエスト」をクリアした ×
 MHWt12.png 調査団の要 「調査クエスト」を50回クリアした ×
 MHWt13.png 腕試し! 初めて「闘技大会クエスト」をクリアした ×
 MHWt14.png 高みを目指して 「闘技大会クエスト」を50回クリアした ×
 MHWt15.png 新大陸の開拓者 キャンプを5か所に設置した ×
 MHWt16.png 環境利用は狩人のたしなみ 草陰に隠れてジャグラスから逃れた ×
 MHWt17.png はじめてのフィッシング 初めて釣りに成功した ×
 MHWt18.png 上手に焼けました! 初めてこんがり肉を焼いた ×
 MHWt19.png 倒れる巨体 初めて乗りに成功した ×
 MHWt20.png 生きた化石と遭遇 生きた化石と呼ばれる魚を釣り上げた ×
 MHWt21.png フワフワな抱きごこち フワフワな抱きごこちの生物を捕まえた ×
 MHWt22.png ゴワゴワな手触り ゴワゴワな手触りの生物を捕まえた ×
 MHWt23.png 虹色の輝き 虹色に輝く生物を捕まえた ×
 MHWt24.png 調査団の務め 累計10万調査ポイントを貰った ×
 MHWt25.png ブルジョワハンター 100万ゼニーを所持した ×
 MHWt26.png 鉄壁のハンター とても貴重な防具を5種類所持した ×
 MHWt27.png 力こそすべて とても貴重な武器を5種類所持した ×
 MHWt28.png 新生活 マイハウスを引っ越した ×
 MHWt29.png はじめてのオトモダチ 初めてオトモダチができた ×
 MHWt30.png 頼れる相棒 いずれかのオトモ道具の熟練度をMAXにした ×
 MHWt31.png モンスター博士 ほぼ全ての大型モンスターの研究レベルをMAXにした ×
 MHWt32.png 歴戦のモンスター 初めて歴戦の個体を狩猟した ×
 MHWt33.png 怖いもの無し 歴戦の個体を50頭狩猟した ×
 MHWt34.png ミニチュアクラウン 狩猟記録に記録されるモンスターに初めて最小冠をつけた ×
 MHWt35.png ミニチュアコレクタークラウン 狩猟記録に記録されるモンスター10頭以上に最小冠をつけた ×
 MHWt36.png ミニチュアマスタークラウン 狩猟記録に記録されるほぼ全てのモンスターに最小冠をつけた ×
 MHWt37.png ビッグクラウン 狩猟記録に記録されるモンスターに初めて銀冠以上をつけた ×
 MHWt38.png ビッグコレクタークラウン 狩猟記録に記録されるモンスター10頭以上に金冠をつけた ×
 MHWt39.png ビッグマスタークラウン 狩猟記録に記録されるほぼ全てのモンスターに金冠をつけた ×
 MHWt40.png はじめての生け捕り 初めてモンスターを捕獲した ×
 MHWt41.png 生け捕りのプロ モンスターを50頭捕獲した ×
 MHWt42.png 龍を滅ぼす者 古龍を50体討伐した ×
 MHWt43.png モンスタースレイヤー 大型モンスターを100頭狩猟した ×
 MHWt44.png モンスターハンター 大型モンスターを500頭狩猟した ×
 MHWt45.png HELP! 初めて救難信号を撃った
 MHWt46.png お助けハンター 救難信号によるクエストに参加し、10回クリアした
 MHWt47.png 仲間と共に マルチプレイでクエストをクリアした
 MHWt48.png 仲間と共に、いつまでも マルチプレイでクエストを100回クリアした
 MHWt49.png 広がる絆 ギルドカードを50枚以上集めた
 MHWt50.png ベテランハンター ハンターランクが100になった ×



アイコン凝ってて良いですね~。今作ではトロフィー=勲章となっているので、基本的には同時に勲章もコンプすることになります。

では以下に個々のトロフィー攻略を記載します。



ハンターライフはやめられない!

フリークエストは今までの通常クエスト。

調査クエストに色々と丸投げしている現状、一部を除きやる価値はないですが、クリア付けていくだけでも50回は可能。

手早く済ませたいなら料理長からの依頼「料理長の!ワクワク納品依頼」を回せばいいかと。
地質学最大まで出していれば化石の採取数が2ぐらい増えるので、運が良ければ一ヶ所で終わります。

まずは隠れ身着てエリア1へ行き、終わらなかったらエリア2へ。それでも終わらなかったら一旦キャンプ戻ってエリア5。二ヶ所で終わらないのはほぼないと思いますがw

一応依頼クエなので、順番にクリアしないと出ない可能性が高い点には注意。



調査団の要

調査クエストは今作の肝。痕跡やモンスターとの交戦で得られる調査レポートから生成されるクエスト。

今作ではレア物である紅玉や宝玉がメイン報酬にほとんど並ばず、調査クエスト専用の報酬枠に並びやすいという方式を取っています。

エンドコンテンツに当たる歴戦の個体と戦えるのもほぼ調査クエストのみ。よってレア狙いにしてもエンドコンテンツ目的にしても調査クエストを延々やることになるので意識する必要はないかと。



高みを目指して

闘技クエストは恒例ですが色々特殊。

まず今作ではすべてにソロ用難易度が用意されていますが、闘技クエストだけはタイムを競う都合上ソロでも2人用の体力になっています。
装備は闘技用に用意された5種類から選択。基本的にペアで挑み、既定のタイム内でクリアしSランクを目指すという趣向。

今までは全S、または全Aクリアが勲章にありましたが、トロフィー機能に合わせた結果、回数に変わったみたいですね。

私はいつも通り兄弟と全S取りましたが、その時点で19回も残ってたのでぶっちゃけ全Sで良かった…w

手早く行くなら相方を探し、クルルヤックを延々回すのが良いかと。ただし全クリアでの報酬やコイン産の装備もあるので今後もやる気なら色々回すのがオススメ。



新大陸の開拓者

追加のキャンプは古代樹3、大蟻塚3、陸珊瑚1、瘴気1、龍結晶2の計10ヶ所。

ほとんどが納品依頼で増やすことになるので優先的にこなしておきましょう。
トロフィー的には5ヶ所で良いですが、受注者がキャンプを設置していないと使えないため、マルチプレイに影響しますのでw



はじめてのフィッシング

釣りはルアー釣りが常時可能。イレグイコガネがあれば簡単に釣れます。

大物と当たった場合、丸連打しながら表示されるコマンド入力を成功させていくと釣れます。



上手に焼けました!

肉焼きセットでこんがり肉を焼く。誰もが通るハンターの第一歩…と言いたいですが、作を追うごとに焼く必要がなくなっていますw

今作では携帯食料が支給品専用と分けられ、持って帰ることができます。作るのも拠点でかまど焼き依頼するだけ。
スタミナ最大値減少までの時間も見直されたため、一狩の間に減ることがない場合も。
力尽きた場合でも時間が経っていれば食事、そうでなくとも秘薬飲んで支給品漁れば良いだけ。

ちなみに従来では量産も簡単になった強走薬グレートを飲むことが一般的でしたが、こちらではオミット+強走薬も弱体化となったので不可に。

こういった経緯からか、誰もが通る道であるはずのこのトロフィー、取得率がなんと半分程度となってしまっています…w なんだか悲しい(´;ω;`)

取る方法ですが、生肉を入手(アプトノスとかを狩る)して常時持っている肉焼きセットで焼くだけw タイミングは従来よりもかなり早くなっているので注意。



倒れる巨体

4から追加された乗りという要素。今作でも続投となっています。

段差や坂からジャンプして攻撃すると乗り値が溜まり、蓄積が一定となると乗り状態になります。乗り攻防をこなしダウンさせれば成功。

簡単に狙えるのは溜めができて火力も高い大剣。

乗りが専売特許と言える操虫棍は4で初登場し、4Gまで壊れ武器だった影響か、以降作を追うごとに弱体化を受け続け、今作では乗りも狙えず火力も出ない弱武器に…。登場してからずっとマイ武器なので悲しい(´;ω;`)



生きた化石と遭遇

カセキカンスという魚を釣るのが条件。

トロフィーとは無関係ですが、探索時に居る「孤高の魚類調査員」から受けられる重要バウンティを5つこなし、再度話しかけると受けられる最後の重要バウンティのクリア条件もカセキカンスを釣ることとなっています。これをこなしてから再度話しかけると「金の竜人手形(好きな紅玉、宝玉と交換可能)」が貰えるので、ついでに受けとくと良いかと。

楽に狙うなら「龍結晶の地のフリークエストを受注→8キャンプから開始→キャンプ地の池の左奥に居るか見る→居なければクエストリセット(キャンプ)」を延々繰り返すと良いかと。イレグイコガネを持っておくのを忘れずに。

ちなみにフィールドの状況は参加するとリンクするため、「カセキカンスを発見した受注者のところへ、カセキカンスを釣る前に参加」させて貰えれば自分も釣ることができます。手分けして探せるので仲間が居れば時短になるかと。

カセキカンス



フワフワな抱きごこち

フワフワクイナと呼ばれる環境生物を捕まえるのが条件。

トロフィーとは無関係ですが、探索時に居る「情熱の生物調査員」から受けられる重要バウンティを5つこなし、再度話しかけると受けられる最後の重要バウンティのクリア条件もフワフワクイナの捕獲となっています。これをこなしてから再度話しかけると「金の竜人手形(好きな紅玉、宝玉と交換可能)」が貰えるので、ついでに受けとくと良いかと。

楽に狙うなら「大蟻塚の荒地のフリークエストを受注→1キャンプから開始→アプケロスの背中に居るか見る→居なければクエストリセット(キャンプ)」を延々繰り返すと良いかと。隠れ身の装衣を忘れずに。

古代樹の森でもエリア1、エリア8のアプトノスの上に居ることがあるので楽に狙えると思います。こちらも手分けして探すことが可能


フワフワクイナ2
フワフワクイナ1



ゴワゴワな手触り

ゴワゴワクイナと呼ばれる環境生物を捕まえるのが条件。

楽に狙うなら「瘴気の谷のフリークエストを受注→1キャンプから開始→降りて左に行き、広場に出てすぐ左のモスの背中の上に居るか確認→居なければクエストリセット(キャンプ)」を延々繰り返すと良いかと。隠れ身の装衣を忘れずに。

こちらも手分けして探すことが可能。


ゴワゴワクイナ



虹色の輝き

虹色ドスヘラクレスと呼ばれる環境生物を捕まえるのが条件。

こちらの場合は出現に時間が絡むため、日没または早朝に下画像の場所に行けばおそらく確定で捕獲可能。

画像の場所はジュラトドスと戦う際に通る影響か、環境生物トロフィーの内これだけ結構取得率が高いですw


虹色ドスヘラクレス



調査団の務め

累計10万は中々多いですが、普通にやってれば充分達成できるレベル。

上位のモンスターの落とし物でも竜の大粒ナミダ(500)、龍秘宝(800)と結構おいしいので意識的に拾ってるだけでも稼げます。

本気で稼ぐなら酒(緑)×4で発動するネコの換算術を発動し、龍結晶の地(青い宝石増殖中)へ行くと良いかと。地質学付けた採取装備なら20分で1万以上稼げます。

青い宝石増殖中は探索でたまに発生しますが、調査クエストなら発生しているのを持っていればいつでも行けるのでこちらがオススメ。オトモダチを龍結晶の地に行かせるなどして入手しましょう。

酒がない方は高ランクの人、もしくは人数の多い集会所へ行くと良いかと。酒の開放はそこそこ大変ですが、やり込んでる人なら持ってるはず。



ブルジョワハンター

調査ポイントと違って100万「所持」なので注意。

シリーズで見てもお金のかかる今作。装備を色々試しているとあっという間になくなるので、このトロフィーを取得するまでは節約した方が良いかも。

稼ぐ方法としては公式稼ぎ要素の「追い剥ぎの装衣」を使用して換金アイテム収集、簡単なフリクエ・調査クエぶん回し、歴戦複数報酬金アップクエを激運チケット使ってソロでやるとかですかね~。

昔は珠増殖バグという歴代最凶のバグで稼げたりもしましたが、速攻で修正されたので現在は不可。

トロフィーだけならボックスの素材全部売って取得したらリセットもありですが、これやるとギルドカードの勲章が埋まらないので注意。



鉄壁のハンター 力こそすべて

共にレア度8を5個作成すれば取得。

防具の方は生産するだけで終わるので良いですが、武器は少々大変。最後まで強化を続ける必要があります。

オススメなのは最後一歩手前まで簡単なネルギガンテ武器。デフォルトで切れ味ゲージMAX龍封力大なので使い勝手もいいです。ただし最後には宝玉が必要…w

他はどうせ作るなら優秀な武器にすると良いかと。今作最強の無属性かつ闘技やってれば作れるコイン武器。使えると強く、使えなくても抜刀一矢が可能な弓(角王弓ゲイルホーン)。対キリン最終兵器のグルゴレットの叫喚(ライト)。通常弾強化により一気に流行ったカルマ(ライト)。などが個人的にはオススメですw



新生活

ストーリーを進めると引っ越せるようになります。

特等まで行くと環境生物をかなり配置できるようになり、5匹の龍の話にまつわる絵本を読むことができます。これ伏線な気がするんだけどG用か…?



はじめてのオトモダチ

探索ではテトルーという獣人族とのサブイベントがあり、こなせばオトモダチになれます。4フィールドいずれかで達成すれば取得。

5フィールド全てに用意されており、最後をこなすにはひと手間必要とちゃんと作られたサブイベントですが、トロフィーに絡むのは1つだけなのが悲しい…。昔は全部こなして勲章が当たり前だったのになぁ。



頼れる相棒

オトモ道具はテトルーとオトモダチになった際に貰えます。

初期装備のミツムシ寄せのお香、陸珊瑚のはげましの楽器がオススメ。特に珊瑚はぶっ壊れですw

上げる方法はオトモと共に狩りをすること。なのでソロか2人になります。今作で2人は一番効率の悪い人数なので、基本的にソロでやることになるかと。



モンスター博士

初期から居る30種類の大型モンスターの研究レベルMAXが必要。

上げる方法は狩りや痕跡を集めること。ハンターヘルムα等に付いてるスキル、研究者があれば時短になります。

現時点で追加が名言されているイビルジョーなどは含まないはず。そのための妙な説明文でしょうしw



怖いもの無し

歴戦の個体は今作のエンドコンテンツに当たる強力なモンスターの総称。

歴戦の個体はランクが分かれており、参加条件HR13以上が最下、HR30以上が中間、HR50以上が最高となっています。

回数稼ぎだけで考えれば最下の個体を延々やると良いかと。やり込みも考えると最高の古龍しかあまりやる意味ないと言えますがw



ミニチュアマスタークラウン

今作の二大難関トロフィーの一つ。私にとっては恒例ですがw

モンスターハンターにはサイズがあり、最小冠はその個体内でも類を見ない小ささという意味で付けられます。

最小冠が付くサイズは下から3つ。全体の変動範囲は30、40とか。そして金冠は大小共に出にくい。
運以外に頼るなら目視判別しか方法がないため歴代でもずっと勲章最難関と言われていますw

小金冠については↓の記事にまとめているのでご覧ください。
MHW:金冠情報(ミニチュアクラウン編)



ビッグマスタークラウン

今作の二大難関トロフィーの一つ。
4以降勲章においては銀冠で良かったのですが、今作では金冠に戻りました。毎回意味もなく埋めてた私は逆に大喜びしましたね~。欲を言えばキングクラウンに名称も戻して欲しかったですがw

モンスターハンターにはサイズがあり、金冠はその個体内でも類を見ない大きさという意味で付けられます。

金冠が付くサイズは上から3つ。全体の変動範囲は30、40とか。そして金冠は大小共に出にくい。
運以外に頼るなら目視判別しか方法がないため歴代でもずっと勲章最難関と言われていますw

大金冠については↓の記事にまとめているのでご覧ください。
MHW:金冠情報(キングクラウン編)



生け捕りのプロ

モンスターを弱らせてから罠にかけ、捕獲用麻酔玉を当てると捕獲が可能。

今回はスキル「捕獲の見極め」がないですが、痕跡を集めてゲージを最大にすれば瀕死時にドクロマークが出るようになるので判断できます。

野良だと捕獲可能になると誰かがやる場合が多い(今作は捕獲可能から討伐までの残体力が多いため)ので勝手に稼げます。逆に捕獲クエストだと殴りまくって倒しちゃうことも多かったりするけど…w



龍を滅ぼす者

今作において古龍の素材は普通、レア共に大量に必要(特にレア)なので、マラソンしてもなんら損はないかと。

調査クエストで素材、歴戦で装飾品とカスタム石を狙ってたら単体全部50は超える勢いなので気にする必要ない気もしますw



モンスターハンター

大型モンスター累計500頭狩猟が条件。この名称の勲章を用意するとは分かってるな!w

他全てのトロフィーを取る過程で500ぐらいは行くはずなので気にする必要はないかと。HRが届かなかった兄弟もこちらは取れてたのでw

最悪足りなければ金策でもお世話になったドスジャグラス先生に稽古つけてもらいに行きましょうw



HELP!

ここから『広がる絆』までオンライン環境必須なトロフィーとなります。

救難信号はクエスト中にオプションメニューから撃てます。これにより全ハンターの検索に引っかかるようになり、途中参戦してもらうことが可能。
参加の可否の決定権も自分にあるため、気軽に使いましょう(オプションで自動も可能)。



お助けハンター

救難信号による参加はクエストボード等から可能。

トロフィーが欲しいだけなら強くなってから下位の救難に行ったり、小型モンスターが対象のクエストを探して入ったり、採集系のイベクエが来た時に狙って入る等で楽に達成も可能。



仲間と共に、いつまでも

マルチプレイでクエスト100回クリアが条件。

大体の人が序盤~中盤に勝手に取れると思いますが、マルチをしないという方にはかなり厳しいトロフィー。

狩りゲーというジャンルはマルチこそがメインと言えるので、簡単な方法や狙ってなどおかしな話……と言いたいですが、今作ではソロ難易度がすべてのクエストに用意されているため、一概にそう言えないのが現状。

2人だと最も効率が悪く、4人中級者でもソロ上級者に勝てないバランス。ソロプロハンだと4人上級者でも勝てないでしょうねw

よって先ほど紹介した効率的な方法をひたすら繰り返すのもあり。ただし固定メンバーやフレンドさん4人でやるのはやっぱり楽しいので、私としては普通にやるのをオススメしますw



広がる絆

ギルドカード累計50枚入手が条件。

累計なのでフレさんや身内にギルドカードを送って貰う→すぐ消す→また貰うで楽に達成可能。
協力者が必要なものの、部屋回ったり、野良クエで集めるのが嫌なら探すと良いかと。



ベテランハンター

ハンターランク100到達が条件。

普通にやってれば他のトロフィーを狙う過程で超えるとは思いますが、私の兄弟は他全部取って70台だったので効率的にやると稼ぎが必要な可能性もありますw

その場合は稀にイベントクエストでHRポイントアップのクエストが配信されたりするので回すと良いかと。

開催期間外ならフリークエスト「新大陸の白き風」がオススメ。用途の多い素材を持つモンスター4体が対象でクリア時のHRポイントも美味しい。専用の報酬もあるため救難信号を撃てば高HRの人が参加してくれるはず。時間は早くても10分。平均15分ぐらい。

あとは普通に歴戦古龍などを報酬目的で回すのが一番かな。まぁ超えないってのは非常にレアなケースだと思いますw





個別のトロフィー攻略については以上です。


【コンプ難易度】
コンプ難易度は☆8/10。
難しいのは、二大難関の金冠、マルチ必須系、回数稼ぎ系と言ったところ。シリーズ恒例のコンプ系にスキル系、クロス系列の物量がなくなっているため、大金冠必須となった点を加味してもシリーズ勲章コンプ難易度的には下層。

とは言えそんじょそこらのゲームに比べると高難度なのは間違いないため☆8判定に。正直トロフィーに寄せるよりは今まで通りの勲章にして欲しかったな~。



【コンプ時間】
コンプ時間は321時間。
兄弟が200ちょいぐらいなので効率的にやればもうちょい短くできるかも?



【総評】
ゲームとしては快適に、美麗に、手軽に進化した正統続編と言える新たなるモンスターハンター。

トロフィー的には物足りない部分も多いが、楽しさはシリーズで見ても最高と言えるほど。

ポータブルシリーズが最後となった方、3DSでマンネリを感じた方、はたまたまったく新規の方、すべてのゲーム好きに自信を持ってオススメできるので、気になったなら是非是非プレイを!










モンスターハンター:ワールドの小金冠を追い求める方へ向けた情報提供記事です。
※画像が多めなので、大小で記事を分けています

キングクラウン編の記事は↓となります。併せてご覧ください
MHW:金冠情報(キングクラウン編)



【金冠情報雑記】
・フリークエストは回した限りでは非常に出にくい(出たという報告は見かけた)ので非推奨
・おそらく調査クエストならどれでも出るので、基本的にこちらで狙う
・歴戦、歴戦複数は出やすいと言われているが、定かではない。副産物も欲しいならあり
・通常の方は金枠あり推奨。多ければ多いほど良い。オカルトでしかないが、金枠なし含めて回してた時が一番時間かかった(なしでは出なかった)
・マラソン効率は、見てサイズを判断し、違うならリセットする「目視リタマラ」が最高
・サイズがなんであれ倒すのは「クリマラ」。金冠だけを求めるならオススメしない
・通常の調査クエストだと2人がかりで平均3、4時間。長いと5~7時間。最長8時間半(2人がかりなので、ソロなら単純計算で倍)
・受注で全然出ない場合は救援に行くといいかも。そういう時にポロっと出たという報告多数
・小金冠は基本的に「ちっせぇ!」と思うミニチュア感。同じ奴を延々回していると一目で分かるレベル。下のような例外はあるけど
・魔のサイズというものがあり、小金冠中最大と1つ上の通常中最小がそれにあたる。この2サイズは目視判別不可なモンスターが多い。出たら倒さなければならないサイズなので、通常中最小の値も調べておこう



【目視リタマラの方法】
・狙うモンスターの調査クエストを登録し、マラソンの準備をしたらオンラインストレージかUSBメモリにデータをバックアップ
・調査クエスト受注→出発→目視→可能性ありなら倒す、なければクエストリセット(キャンプ)→以下ループ
・調査クエストがなくなったらバックアップからデータを復元しループ(この方法でサイズ変動確認済み)




【金冠救済イベントクエスト】
★3「USJ・躍動せよ、金の星達!」(ドスジャグラスの大金冠、小金冠確定。規格外)
★3「泥土の道をいとわぬ者よ」(ボルボロスの大金冠確定。規格外。チャレンジクエスト(闘技))
★6「卵好きになろう!」(クルルヤックの大金冠確定。規格外)
★6「試練」(アンジャナフの大金冠確定。最々大)
★7「ラッシュ大騒動!?」(オドガロンの小金冠確定。規格外)
★7「新緑のブルース」(ドスジャグラス、プケプケ、トビカガチ、アンジャナフ、リオレウスの大小金冠確率大幅アップ)
★7「荒れ野のボレロ」(クルルヤック、ボルボロス、ジュラトドス、リオレイア、ディアブロスの大小金冠確率大幅アップ)
★7「海台のワルツ」(ツィツィヤック、パオウルムー、リオレイア亜種、レイギエナの大小金冠確率大幅アップ)
★7「頽廃の谷のオペラ」(ドスギルオス、ラドバルキン、オドガロン、バゼルギウスの大小金冠確率大幅アップ)
★7「結晶達のロックンロール」(ドドガマル、ウラガンキン、ヴォルガノス、リオレウス亜種の大小金冠確率大幅アップ)


では以下に各モンスターの小金冠取得におけるアドバイスを。
※私の主観によるものなため、鵜呑みは危険。文と画像で雰囲気を覚え、自分の目で判断しましょう




☆ドスジャグラス
・USJで出したためアドバイス不可。参加させてくれる人を探すかUSJに行くのが一番
・新緑のブルースでも初期配置なので楽に狙える



☆クルルヤック
・ミニチュア感があるので見れば分かるが、小金冠周辺はかなり近い見た目をしているためハマる可能性あり
・荒れ野のボレロ初期配置なので楽に狙える

拠点画像(793.09。最々小)

クルルヤック小金冠・拠点





☆プケプケ
・見た目からして非常に小さい。ワイバーン型にも関わらず背がハンターの身長に近いレベル
・新緑のブルース初期配置なので楽に狙える




☆ボルボロス
・近づくとすべて大きめに見えるタイプなため、少し離れて判断しよう。小さい方は見れば分かる
・荒れ野のボレロ初期配置なので楽に狙える




☆ジュラトドス
・頭が非常に小さく、細身になる。近づいても全長が画面にかなり入る
・泥に埋まっている時と地上に居る時、見極めやすさは人によると思うので、どちらで判断するかは決めておくと良い
・荒れ野のボレロ初期配置なので楽に狙える




☆トビカガチ
・元が小柄なので、小さい方が判別が難しい。うろつく場所の悪さも要因の1つ
・目安も決めにくいため、マラソンで目を慣らして基準を狩る基本の方法がオススメ
・新緑のブルース初期配置なので楽に狙える




☆アンジャナフ
・中型にしては全体的にサイズが大きいため、小さい方の判別も難しめ
・近づくとすべて大きく見えるタイプ。少し離れて判断しよう。私が小金冠を見たときは鳥のように感じたw
・新緑のブルースで狙えるが、4体目なので初期3体の内どれかを狩猟してポップ待ちが必要。出現場所は8キャンプすぐ近くかエリア3

拠点画像(1448.88。最々小)

アンジャナフ小金冠・拠点





☆リオレイア
・今までだとリオレウスより小さかったが、今作では大きくなった上にサイズも平均して100以上上げられている。シリーズプレイ者ほど感覚の違いに戸惑うだろう
・小ささが顔に出るタイプ。顔がどの程度の大きさなのか判断できるようになると、1サイズの差が分かるようになる
・荒れ野のボレロで狙えるが、4体目なので初期3体の内どれかを狩猟してポップ待ちが必要。エリア3に飛んでくる

拠点画像(1578.93。小金冠中最大)

リオレイア小金冠・拠点





☆ツィツィヤック
・クルルヤックとほぼ同じ見た目とサイズだが、金冠判定が1つ下となる(クルルヤック小金冠中最大が、ツィツィヤックでは通常中最小)ため注意
・クルルヤックと同じく小金冠周辺のサイズは似たり寄ったりの見た目なのでハマる可能性あり。私はこいつで8時間半無駄にしましたw
・海台のワルツ初期配置なので楽に狙える

拠点画像(795.70。小金冠中真ん中)

ツィツィヤック小金冠・拠点





☆パオウルムー
・元が小さいので小金冠の判別は難しめ
・非常に顔が小さくなり、背丈もかなり低くなる。こちらに走ってこさせるとなんとなく分かるかもw
・海台のワルツ初期配置なので楽に狙える

拠点画像(1006.16。最々小)

パオウルムー小金冠・拠点





☆ドスギルオス
・生息フィールドが基本的にデコボコしているため、目視難易度高め
・ちっさいなと思ったのは覚えてるけど、見た目とか目安とかは記憶にない…w

拠点画像(947.84。小金冠中最大)

ドスギルオス小金冠・拠点





☆ラドバルキン
・顔が小さく、背が低く、横幅も狭くなる。少し離れて判別しよう

ハンター比較画像(1587.05。最々小)

ラドバルキン小金冠・比較





☆レイギエナ
・私が初めてミニチュアクラウンを取った記念すべきモンスター。よってアドバイス不可w
・戦った個体の中に小さいなと感じるやつは何度か居たので目視難易度は普通ぐらいだと思う
・海台のワルツで狙えるが、4体目なので初期3体の内どれかを狩猟してポップ待ちが必要




☆オドガロン
・大小の見た目の変動が非常に大きく分かりやすい
・平地でハンターが並ぶと腹に頭がちょっとつかないぐらい。魔のサイズ確認済みなので怪しいのは狩るべし

拠点画像(1235.99。小金冠中真ん中)

オドガロン小金冠・拠点





☆リオレウス
・リオレイアより小さくなる上、小金冠周辺は見た目の変化が微細なため非常に目視難易度が高い
・キーとなるのは顔。顔だけは一回り小さくなるため判別できるようになると1つ上かどうかまで分かるようになる。ただしその一回りも僅かなもの。観察眼の鍛錬は必須と言える
・ぶっちゃけそこ見分けようとすると結構な時間がかかるので、ブルースであろうが調査であろうがその域なら狩った方が早いw
・新緑のブルースで狙えるが、5体目なので初期3体の内2体を倒してポップ待ちが必要。古代樹の頂上、木の上に出現し飛んでくる。遠めでもサイズ感を測れるので見ておこう

拠点画像(1516.76。小金冠中真ん中)

リオレウス小金冠・拠点





☆ディアブロス
・巨人の大金冠と比べると小人まで行く感じ。背が低く、顔も小さく、尻尾や体躯も細くなる
・小金冠は細さの見た目が一段変わるので、判別はしやすい方
・荒れ野のボレロで狙えるが、5体目なので初期3体の内2体を倒してポップ待ちが必要。15キャンプ近くの寝床に出現する




☆キリン
・勝手に出てしまったのでアドバイス不可
・大金冠を狙ってマラソンしてた際に見た小さい個体は子馬?って感じだった。ハンターが乗ると良い感じのサイズw




☆ドドガマル
・龍結晶は平らな場所が少ないため、目視難易度高め
・どこであっても前足と後ろ足の間の背がハンターの頭かそれ以下になるぐらいには小さい
・同じ体躯を持つモンスターが居ないため、その面からも目視難易度高め

ハンター比較画像(1000.00。小金冠中最大)

ドドガマル小金冠・比較





☆リオレイア亜種
・今回は亜種の方が大きいといったシリーズ知識は必要なく、原種とまったく同じサイズとなっている。ゆえにどちらかを見ていれば同じサイズを探せばいいので楽
・大蟻塚であれば1キャンプから水場を除くと居るので目視が早い。見分け方は原種と同じく顔
・海台のワルツ初期配置なので楽に狙える

拠点画像(1543.85。最々小)

リオレイア亜種小金冠・拠点





☆バゼルギウス
・ほぼすべてのハンターから爆撃ウ〇コマン等と呼ばれている嫌われ者
・嫌われる要因としてどこにでも現れることが挙げられるため、見る機会は多い。小さいのは明らかな見た目をしているので可能性を感じたら狩っておこう。遠距離武器であればただの的なので、ついでも可能なはず
・私は同じ歴戦3連続の調査クエストを報酬目的でやっていたら大小連続で埋まった。参考までに

拠点画像(1696.97。最々小)

バゼルギウス小金冠・拠点





☆ヴォルガノス
・直近のダブルクロスと比べるとかなり小さくなったため、玄人ほど見極めが難しい
・平地に居る時のブレスの際、足の後ろ側の角がわずかにハンターの頭を下回る個体が最々小。これより少し上でも小金冠付くかも。こいつは7時間粘ったw
・初期位置が溶岩湖で、穴から顔を出すモーションがある。それでも測れるらしい。自分に合った方法を探そう

拠点画像(1581.57。最々小)

ヴォルガノス小金冠・拠点





☆ウラガンキン
・ラドバルキンに比べるとかなり大きくなるので目視の誤りに注意
・近づくとすべて大きく見えるタイプ。目視での判別は非常に難しいので、少し離れ、こいつにしては小さい?と思ったら狩った方が良い

拠点画像(1852.77。小金冠中最大)

ウラガンキン小金冠・拠点





☆リオレウス亜種
・こちらも原種とまったくおなじサイズとなっている
・龍結晶なら16キャンプから開始して下りればすぐに居る。見分け方は原種と同じなのでそちらを参照

拠点画像(1516.76。小金冠中真ん中)

リオレウス亜種小金冠・拠点





☆ディアブロス亜種
・例に漏れず、原種と同じサイズとなっている
・見分け方も原種と同じだが、体表が黒一色なため分かりにくい。原種で出ているからと言って過信はせず、しっかり見極めるようにしよう

拠点画像(1844.70。最々小)

ディアブロス亜種小金冠・拠点





☆ネルギガンテ
・遠目で小さく小ぶり。歩いていると翼が地面につきそうなぐらい
・近づくとすべて大きく見えるタイプなため、少し離れて判別しよう




☆テオ・テスカトル
・テオ以下3古龍はこちらが殴り掛からない限り戦闘状態に入らないため、目視が飽きるまで可能
・キングクラウン編で紹介した大蟻塚の砂丘に座った時のトゲで判別できるはず。確か上から3つ目のトゲがハンターの頭より下だったと思う(画像撮りわすれた…)
・また、顔に出るタイプでもある。子犬のように見えたら可能性あり。非戦闘状態だとデカく見えるので、この方法を取るなら殴ろう
・龍結晶の地でも固定の位置に座るため、違う判別方法があるかも




☆クシャルダオラ
・キングクラウン編で紹介したげどく草法が可能かもしれないが、私は龍結晶の方で出会ってしまったので不明
・目安や判断する目標を定める前に出てしまったので、画像からそれを読み取ってもらいたいw

ハンター比較画像(1721.82。小金冠中最大)

クシャルダオラ小金冠・比較1





☆ヴァルハザク
・最初に言っておくと、ヴァルハザクはマラソン開始から1時間ぐらいで大小揃ってしまったので目安とか考える前に終わりました…w
・画像は撮ってたので載せときます。元がデカいので小さいのはまだ分かる方かと

ハンター比較画像(1864.91。小金冠中真ん中)

ヴァルハザク小金冠・比較











モンスターハンター:ワールドの大金冠を追い求める方へ向けた情報提供記事です。
※画像が多めなので、大小で記事を分けています

ミニチュアクラウン編の記事は↓となります。併せてご覧ください
MHW:金冠情報(ミニチュアクラウン編)



【金冠情報雑記】
・フリークエストは回した限りでは非常に出にくい(出たという報告は見かけた)ので非推奨
・おそらく調査クエストならどれでも出るので、基本的にこちらで狙う
・歴戦、歴戦複数は出やすいと言われているが、定かではない。副産物も欲しいならあり
・通常の方は金枠あり推奨。多ければ多いほど良い。オカルトでしかないが、金枠なし含めて回してた時が一番時間かかった(なしでは出なかった)
・マラソン効率は、見てサイズを判断し、違うならリセットする「目視リタマラ」が最高
・サイズがなんであれ倒すのは「クリマラ」。金冠だけを求めるならオススメしない
・通常の調査クエストだと2人がかりで平均3、4時間。長いと5~7時間。最長8時間半(2人がかりなので、ソロなら単純計算で倍)
・受注で全然出ない場合は救援に行くといいかも。そういう時にポロっと出たという報告多数
・大金冠は基本的に「ヤバい」と思うデカさなので、同じ奴を延々回していると一目で分かる。下のような例外はあるけど
・魔のサイズというものがあり、大金冠中最小と1つ下の銀冠中最大サイズがそれにあたる。この2サイズは目視判別不可なモンスターが多い。出たら倒さなければならないサイズなので、銀冠中最大の値も調べておこう



【目視リタマラの方法】
・狙うモンスターの調査クエストを登録し、マラソンの準備をしたらオンラインストレージかUSBメモリにデータをバックアップ
・調査クエスト受注→出発→目視→可能性ありなら倒す、なければクエストリセット(キャンプ)→以下ループ
・調査クエストがなくなったらバックアップからデータを復元しループ(この方法でサイズ変動確認済み)



【金冠救済イベントクエスト】
★3「USJ・躍動せよ、金の星達!」(ドスジャグラスの大金冠、小金冠確定。規格外)
★3「泥土の道をいとわぬ者よ」(ボルボロスの大金冠確定。規格外。チャレンジクエスト(闘技))
★6「卵好きになろう!」(クルルヤックの大金冠確定。規格外)
★6「試練」(アンジャナフの大金冠確定。最々大)
★7「ラッシュ大騒動!?」(オドガロンの小金冠確定。規格外)
★7「新緑のブルース」(ドスジャグラス、プケプケ、トビカガチ、アンジャナフ、リオレウスの大小金冠確率大幅アップ)
★7「荒れ野のボレロ」(クルルヤック、ボルボロス、ジュラトドス、リオレイア、ディアブロスの大小金冠確率大幅アップ)
★7「海台のワルツ」(ツィツィヤック、パオウルムー、リオレイア亜種、レイギエナの大小金冠確率大幅アップ)
★7「頽廃の谷のオペラ」(ドスギルオス、ラドバルキン、オドガロン、バゼルギウスの大小金冠確率大幅アップ)
★7「結晶達のロックンロール」(ドドガマル、ウラガンキン、ヴォルガノス、リオレウス亜種の大小金冠確率大幅アップ)


では以下に各モンスターの大金冠取得におけるアドバイスを。
※私の主観によるものなため、鵜呑みは危険。文と画像で雰囲気を覚え、自分の目で判断しましょう




☆ドスジャグラス
・USJで出したためアドバイス不可。参加させてくれる人を探すかUSJに行くのが一番
・新緑のブルースでも初期配置なので楽に狙える



☆クルルヤック
・歩いているときに横に並ぶと膝がハンターの頭辺りに来る。非常にゴツいため見れば分かるタイプ
・荒れ野のボレロの初期配置なので楽に狙える

拠点画像(1108.53。大金冠中最小)

クルルヤック大金冠・拠点





☆プケプケ
・飛竜なみの大きさに感じるぐらいデカい。人によってはこいつにしてはデカいか?程度かも。自信がなければ疑わしきは狩るべし
・新緑のブルース初期配置なので楽に狙える




☆ボルボロス
・近づくと大きく見えるため、少し離れてみると分かりやすい。小さい方は見れば分かるが、デカいのは分かり辛いかも。とりあえず疑わしいのを狩って、それを基準に考えると良い
・ストリートファイターVのセーブデータがあれば先行でプレイできるチャレンジクエストで確定なので、参加させてくれる人を探すか買うのが一番
・荒れ野のボレロでも初期配置なので楽に狙える




☆ジュラトドス
・過去作に比べると魚竜は全体的に小さくなったため、シリーズプレイ者ほど判別し辛い
・私は勝手に出てしまったためアドバイス不可。おそらく横に長くなり、泳いでる時に体の上半分は余裕で出ると予測
・荒れ野のボレロ初期配置なので楽に狙える




☆トビカガチ
・うろつく場所が斜面であることが多く、体躯的にも判断の難しい部類
・小柄なトビカガチらしくないほどのデカさなので、マラソンしてると怪しいのは分かるはず。疑わしきは狩るの精神が必要
・新緑のブルース初期配置なので楽に狙える

拠点画像(1586.63。最々大)

トビカガチ大金冠・拠点





☆アンジャナフ
・中型にしては全体的にサイズが大きく、デカいと思ってもカスリもしないことが多々ある難関モンス
・近づくとすべて大きく感じるので、ある程度離れて見た方が良い
・新緑のブルースでも狙えるが、4体目なので初期3体の内どれかを狩猟してポップ待ちが必要。出現場所は8キャンプすぐ近くかエリア3
・ホライゾンコラボ第二段で最々大が確定。開催期間中に確実に押さえよう




☆リオレイア
・今までだとリオレウスより小さかったが、今作では大きくなった上にサイズも平均して100以上上げられている。シリーズプレイ者ほど感覚の違いに戸惑うだろう
・大金は非常に大きく、足だけでハンターの背丈を軽く超えるレベル。本能的にヤバいと感じるはずw
・荒れ野のボレロで狙えるが、4体目なので初期3体の内どれかを狩猟してポップ待ちが必要。エリア3に飛んでくる




☆ツィツィヤック
・クルルヤックとほぼ同じ見た目とサイズだが、判定が1つ下でも金冠となる(クルルヤック銀冠中最大が、ツィツィヤックでは大金冠中最小)
・クルルヤックと同じく膝の位置が目視の目安となるだろう
・海台のワルツ初期配置なので楽に狙える

拠点画像(1099.67。大金冠中最小)

ツィツィヤック大金冠・拠点





☆パオウルムー
・遠めでも分かるぐらいデカい。大型飛竜クラスに感じたら可能性あり
・元が小さいのでマラソンしていればすぐ気づくと思うが、あまり行かないモンスなため最初の内は慎重に
・海台のワルツ初期配置なので楽に狙える

拠点画像(1429.20。最々大)

パオウルムー大金冠・拠点1





☆ドスギルオス
・肘がハンターの頭辺りに来る。膨らむような変動をするため、遠目で見た方が良いかも
・生息フィールドが基本的にデコボコしているため、目視難易度高め

拠点画像(1316.44。最々大)

ドスギルオス大金冠・拠点





☆ラドバルキン
・横に長くなる。尻尾が非常に太く長いので遠目の目安に

ハンター比較画像(2182.20。大金冠中真ん中)

ラドバルキン大金冠・比較





☆レイギエナ
・頭がゴツく、角も長くなる。体躯が分かりやすく大きくなるため見れば分かるタイプ
・初期配置から飛んでくる姿を見れる。その後は上手くいけばネムリガスカエルで眠らせられるため、樽比較なども可能
・海台のワルツで狙えるが、4体目なので初期3体の内どれかを狩猟してポップ待ちが必要

拠点画像(2090.69。大金冠中最小)

レイギエナ大金冠・拠点





☆オドガロン
・大小の見た目の変動が非常に大きく分かりやすい。すれ違うだけでおいおいおい!となるデカさ
・谷よりも珊瑚の方が目視で測りやすいのでオススメ

ハンター比較画像(1722.05。大金冠中真ん中)

オドガロン大金冠・比較





☆リオレウス
・リオレイアよりは小さくなるが、見た目としては相変わらずヤバいので分かるレベル
・新緑のブルースで狙えるが、5体目なので初期3体の内2体を倒してポップ待ちが必要。古代樹の頂上、木の上に出現し飛んでくる。遠めでもサイズ感を測れるので見ておこう

ハンター比較画像(2096.19。大金冠中最小)

リオレウス大金冠・比較





☆ディアブロス
・巨人。この言葉がピッタリなほどデカい。こいつの目視リタマラでは「巨人を探せ!」が合言葉w
・荒れ野のボレロで狙えるが、5体目なので初期3体の内2体を倒してポップ待ちが必要。15キャンプ近くの寝床に出現する

ハンター比較画像(2620.31。最々大)

ディアブロス大金冠・比較1





☆キリン
・昔は変動幅がおかしかったので、ぶっ飛んだサイズが出れば金冠と面白さもあったが、最近は調整されたので一転して最難クラスになっている
・難関ゆえ情報も出やすく「腹がハンターの頭に擦れるか擦れないかぐらい」が金冠ラインと言われている。変動が5ずつなので銀冠中最大と大金冠中最小の判別は不可能と言える。先述のような個体が出たら迷わず狩っておこう

ハンター比較画像(659.60。大金冠中最小)

キリン大金冠・比較





☆ドドガマル
・デブになる。大きいというよりはホントそんな感じw
・龍結晶も平らな場所が少ないため、目視難易度高め

ハンター比較画像(1366.67。大金冠中最小)

ドドガマル大金冠・比較





☆リオレイア亜種
・今回は亜種の方が大きいといったシリーズ知識は必要なく、原種とまったく同じサイズとなっている。ゆえにどちらかを見ていれば同じサイズを探せばいいので楽
・大蟻塚であれば1キャンプから水場を除くと居るので目視が早い。大金冠は足場からはみ出そうなほどデカい
・海台のワルツ初期配置なので楽に狙える




☆バゼルギウス
・ほぼすべてのハンターから爆撃ウ〇コマン等と呼ばれている嫌われ者
・嫌われる要因としてどこにでも現れることが挙げられるため、見る機会は多い。デカいのは明らかな見た目をしているので可能性を感じたら狩っておこう。遠距離武器であればただの的なので、ついでも可能なはず
・私は同じ歴戦3連続の調査クエストを報酬目的でやっていたら大小連続で埋まった。参考までに

拠点画像(2391.19。大金冠中真ん中)

バゼルギウス大金冠・拠点





☆ヴォルガノス
・直近のダブルクロスと比べるとかなり小さくなったため、玄人ほど見極めが難しい
・横に長く、背も高くなる。目が慣れれば大きいことには気づけるはず。あとは疑わしいのを狩ってそこを目安に探すと良い
・初期位置が溶岩湖で、穴から顔を出すモーションがある。それでも測れるらしい。自分に合った方法を探そう

ハンター比較画像(2246.55。最々大)

ヴォルガノス大金冠・比較





☆ウラガンキン
・ラドバルキンに比べるとかなり大きくなるので目視の誤りに注意
・この種にしては最大級の大きさになるので見れば分かるレベル。横に長く、尻尾も太くなるので目安に

ハンター比較画像(2511.53。最々大)

ウラガンキン大金冠・比較





☆リオレウス亜種
・こちらも原種とまったくおなじサイズとなっている
・龍結晶なら16キャンプから開始して下りればすぐに居る。目視の目安はリオレウスの画像が役に立つだろう

拠点画像(2113.23。大金冠中真ん中)

リオレウス亜種大金冠・拠点





☆ディアブロス亜種
・例に漏れず、原種と同じサイズとなっている
・判別も巨人を探す原種と同じ。ディアブロスの画像が役に立つはず

拠点画像(2578.39。大金冠中最小)

ディアブロス亜種大金冠・拠点





☆ネルギガンテ
・遠目で大きく、尻尾もかなり太くなる。近づくと腹下が洞窟化するぐらいデカい
・画像を撮ったりする前に出てしまったので詳しくは覚えていないが、見た目で判断できるほどの変化はある




☆テオ・テスカトル
・テオ以下3古龍はこちらが殴り掛からない限り戦闘状態に入らないため、目視が飽きるまで可能
・大蟻塚で回すのがオススメ。砂丘に座ったら足の上から3つ目のトゲがハンターの頭1つ半ぐらい上の個体がキングサイズ(画像参照。最々大の点には注意)
・龍結晶の地でも固定の位置に座るため、違う判別方法があるかも

ハンター比較画像(2237.69。最々大)

テオ・テスカトル大金冠・比較





☆クシャルダオラ
・古代樹の森で回すのがオススメ。11キャンプからエリア5に向かうと居る
・クシャルダオラは攻撃するまでエリア5の短い距離を延々と往復し、固定の位置に座る。その際腕付近にげどく草があるため、それを見れば一発で判別可能
・キングサイズは画像のように、肘よりも少し後ろにげどく草がくる。肘がげどく草の真上だったり、腕に全体もしくは半分ぐらい埋まる程度の個体では足りない。ただし画像は最々大なので、肘後ろ個体と肘真上個体の間が居る可能性はある
・たまにげどく草を摘むように座るパターンがあるが、放置して再度座らせると戻る。何度か確認済み。げどく草大先生には足向けて寝れんな…
・龍結晶の地でも固定の位置に座るため、違う判別方法があるかも

ハンター比較画像(2391.41。最々大)

クシャルダオラ大金冠・比較2





☆ヴァルハザク
・最初に言っておくと、ヴァルハザクはマラソン開始から1時間ぐらいで大小揃ってしまったので目安とか考える前に終わりました…w
・画像は撮ってたので載せときます。サイズ的にはクシャルキングよりも200~300大きいので先にクシャル見てると大体分かるかも?

ハンター比較画像(2577.34。大金冠中最小)

ヴァルハザク大金冠・比較2












管理人の一言
どうも、自称ゲーマーのナイトですw
更新頻度は低いですが、その分質の良い記事を書くよう心掛けてます。

無断転載全面禁止。リンクはフリーなのでお気軽にどうぞ!


【現在のゲーム事情】
☆プレイ中
アサシンクリード オデッセイ
モンスターハンター:ワールド

☆アプデ・DLC待ち、継続検討中
ゼノブレイド2

☆オントロ協力者待ち
TR DE

☆プレイ中(ソシャゲ)
グラブル、デレステ
検索フォーム
カテゴリ一覧
総アクセス数
最新記事
最新コメント
ツイッター
月別アーカイブ